(イメージです。)
 
1動物園φ ★2019/04/10(水)23:42:26.42ID:CAP_USER.net
機械翻訳

昨年、韓国家計負債の増加速度と国内総生産(GDP)比の割合が主要34カ国のうち1位を占めた。

7日、国際金融協会(IIF)が発表した「グローバル負債モニター」報告書によると、昨年第4四半期末基準韓国家計負債のGDP比の割合は97.9%で、IIFが国別の数値を提示した34個の先進・新興国の中で最も高かった。グローバル家計負債のGDP比の割合は59.6%であった。韓国は平均をはるかに超えることはもちろん、家計負債がGDPの水準まで上昇したわけだ。

上昇速度も最も早かった。 昨年末、韓国家計負債のGDP比率は、前年度の2017年第4四半期末94.8%より3.1%ポイント上昇した。これ調査対象34カ国の中で最も大幅に上昇したものである。グローバル家計負債のGDP比率が同じ期間0.2%ポイント上昇したこととも対比される。韓国が属する新興市場も同期間36.4%から昨年第4四半期末37.6%で1.2%ポイントの増加にとどまった。米国などが属している先進市場は73.1%で72.7%で小幅減少した。

家計負債の比率が高ければ金利が引き上げられる場合、家計の危機につながるたり不良債権が増え、金融会社の不良につながる、金融危機に発展することができる。

家計負債だけでなく、企業の負債も速い速度で増加した。韓国非金融企業の負債は昨年第4四半期基準GDP比102.2%で、1年ぶりに3.9%ポイント上昇した。

昨年、世界全体の負債の増加速度は前年比鈍化し、特に新興市場の負債の増加速度は、2001年以来、最も遅いことが分かった。IIFは、「世界の負債増加率の急激な減速は主にヨーロッパと中国の影響」と述べた。

世界日報 原文 2019-04-08 06:03
https://news.nate.com/view/20190408n03095?mid=n1006