(イメージです。)
 
1蚯蚓φ ★2019/04/04(木)00:21:16.98ID:CAP_USER.net

▲我が国初の女性飛行士、権基玉(クォン・キオク)

4月11日は政府が国家記念日に制定した「大韓民国臨時政府樹立記念日」だ。今年で100周年をむかえた「大韓民国臨時政府樹立記念日」を記念して今回の「大韓民国1号」(記者注:韓国で最初の事物、人物を扱う連載記事)では私たちが記憶すべき隠れた人物に関する話を探してみた。

その主人公は我が国初の女性飛行士であり独立活動家の権基玉(クォン・キオク)先生だ。
(中略:ライト兄弟等、飛行機の歴史)

ライト兄弟は人が空を飛ぶロマンを夢見たとすれば、それから20年後、大韓民国には祖国独立のために「青い空を飛んで日本に爆弾を運ぶ」という夢を見た人がいた。クォン・キオクだ。クォン・キオクは日帝強制占領期間、南京国民政府航空で副飛航員、大韓愛国婦人会社交部長などを歴任した独立活動家であり飛行士だ。

1919年、平壌(ピョンヤン)崇義女学校在学中3・1独立万歳運動に参加したクォン・キオクはその後、大韓民国臨時政府の独立運動資金を募金し公債を売って送金した。特にクォン・キオクは日帝強制占領期間、無力な国民が日本帝国主義という鳥小屋に閉じ込められ、外に出る方法を忘れた鶏も同然と考え、自ら翼を折る愚かな鳥にならないと「鳥のように空を飛びたい」という夢を心に抱いた。

独立運動に参加しながら日本警察の監視対象になったクォン・キオクはついに日本警察を避けて中国に亡命した。1920年上海に亡命した彼女は中国雲南陸軍航空学校第1期生で入学し、1925年卒業した。1924年、単独飛行まで無事に終えて学校を卒業し、韓国初の女性飛行士になって蒋介石の国民革命軍航空司令部所属飛行士に合流した。

クォン・キオクは単に空を飛ぶことが夢ではなく、日本に爆弾を投下することが目的だった。ついに彼女は大韓民国臨時政府に「朝鮮総督府を爆破しようと思うので飛行機を準備して欲しい」と要求した。しかし、当時、大韓民国臨時政府は飛行機を買うお金どころか、借りるお金もなかった。結局、彼女は1932年、上海戦争が起きるとすぐに中国側から日本を相手に戦った。

そして3年後の1935年、蒋介石の夫人の宋美齢(ソン・ミリョン)中国航空委員会副委員長が中国青年たちに空軍のすばらしさを知らせるとして、クォン・キオクを前面に出した宣伝飛行を提案した。クォン・キオクは終着地が日本の東京であることを確認し、日王の宮殿に爆弾を落とす計画をたてた。

クォン・キオクはその日が来ることだけを切実に待った。しかし、彼女の夢は失敗に終わった。宣伝飛行を控えて日本軍が北京に隣接した豊台を占領したためだ。北京では大学生らの大々的な抗日デモが続き、政局が不安になるとすぐに計画自体が取り消しになった。1943年夏にはクォン・キオクは中国空軍で活動したチェ・ヨンドク、ソン・キジョン飛行士などと共に韓国飛行隊編成と作戦計画を構想した。

1945年3月、大韓民国臨時政府軍務部が臨時議政院に提出した「韓国光復軍建軍および作戦計画」の中で「韓国光復軍飛行隊の編成と作戦」がその結実だった。米国と中国から飛行機を支援され、韓国人飛行士らが直接戦闘に参加することが主要内容で、日本が予想より早く崩壊してこの計画は実行されなかった。

光復後の1949年、帰国したクォン・キオクは国会国防委員会専門委員を引き受けて韓国空軍創設の産婆の役割を果たした。政府はクォン・キオクの功労を認定し1968年、大統領表彰、1977年大韓民国建国勲章国民章を授けた。死後は国立墓地愛国墓に埋葬され、国家報勲処は2003年8月、クォン・キオクを「今月の独立活動家」に選定した。

イ・ジェヨン記者

ソース:イートゥデイ(韓国語) [大韓民国1号]「日王の頭に爆弾を」…我が国初めての女性飛行士クォン・キオクをごそんじです
http://www.etoday.co.kr/issue/newsview.php?idxno=1741337