(イメージです。)

1動物園φ ★2019/03/26(火)15:42:54.62ID:CAP_USER.net[1/2]
機械翻訳

「第1四半期の業績は最悪であるはずです」・・・サムスン電子異例の予防接種
記事入力2019-03-26 14:11

「サムスン電子の今年第1四半期の営業利益は、前年同期比半減が避けられないようだ。」サムスン電子が今年第1四半期の業績発表を控えて市場に期待を下げることを要求したの直後証券会社が「最悪の「アーニングショック '"を見て出した分析である。

サムスン電子は26日、ディスプレイや半導体事業をズバリ「事業環境安で業績が市場予想を下回っする」と公示した。サムスン電子の公示まで証券が予想した第1四半期の営業利益は約7兆5000億ウォン、昨年第1四半期の15兆6400億ウォンより47%も低くとった数値だ。しかし、サムスン電子が、これも高すぎるたと直接警告しつつ、証券行く"営業利益が6兆ウォン台後半にとどまるだろう」との立場を急いで修正した。

少数株主多くなり、事前の警告出たよう

ノグンチャン現代リサーチセンター長は「サムスン電子が暫定業績発表前の実績下回るを公示したのは非常に異例」とし「市場予想より実績が良くないのは明らかに見えて、液面分割で小口投資家が増えてきたために基づいて、事前情報提供レベルで公示したものとみなす」と述べた。事実、サムスン電子の第1四半期の業績悪化は昨年末から予想されたことである。ただし、どのレベルまで低下したかがカギだっただけだ。

https://translate.googleusercontent.com/translate_c?act=url&depth=1&hl=ja&ie=UTF8&prev=_t&rurl=translate.google.co.jp&sl=ko&sp=nmt4&tl=ja&u=https://news.naver.com/main/read.nhn%3Fmode%3DLSD%26mid%3Dshm%26sid1%3D101%26oid%3D025%26aid%3D0002894359&usg=ALkJrhgJQ4guKJzlZVHVC6Aya4toVCbb2g