(イメージです。)

1ハニィみるく(17歳) ★2019/03/24(日)11:27:09.90ID:CAP_USER.net[1/2]
(写真)


韓国人が日本を初めての海外旅行先に選択する理由中の一つは、美味しいものを楽しめるという点である。

特に、日本のコンビニ(ピョンウィジョム=便宜店)は美味しい上に価格対性能比(コスパ)が良い食品として、ソーシャルメディアでいつも話題を集めている。韓国でも最近、MBC『全知的おせっかい視点』でユ・ジェファンが春川(チュンチョン)タッカルビ、トッポギのコンビニバージョンを紹介して、『食教授』のイ・ヨンジャも驚いた。

昨年9月、Youtubeチャンネル『インディゴトラベル』では、『現地人が教えるチン.チャ(※本.当)。日本のコンビニ食品TOP10』というタイトルの映像がアップされた。次のリストを参考にして、日本のコンビニで後悔しない選択をしてみよう。

1.オキナワ メクジュ=※沖縄ビール
(画像)

2.ペミリマトゥ(ファミリーマート)のミョンラン(明卵)クイ(焼き)=※炙り明太子
(画像)

3.ペミリマトゥのチュシ(ジューシー)トゥエジゴリ(豚肉)クンマンドゥ(焼饅頭)=※ジューシー豚肉焼餃子

4.ペミリマトゥのオンヨフィ(鮭膾)=※サーモンの刺身
(画像)

5.ペミリマトゥのソ ヒョ(牛の舌)=※牛タン
(画像)

6.ペミリマトゥのサルムン(茹で)ワンドゥコン(エンドウ)=※枝豆
(画像)

7.ペミリマトゥのスンサル(骨抜き)チキン=※ファミチキ
(画像)

8.ペミリマトゥのオムクタン(魚を練った湯)=※おでん
(画像)

9.サントリ(サントリー)カク(角)ハイボル(ハイボール)=※角ハイボール
(画像)

10.モリナガユオプ(森永乳業)パム(PARM)=※森永パルム
(画像)

ソース:トラベルバイクニュース(韓国語)
http://www.travelnbike.com/news/articleView.html?idxno=78148