(イメージです。)

1動物園φ ★2019/03/20(水)12:10:17.13ID:CAP_USER.net[1/2]
2019-03-20 08:16



最近、ムン・ジェイン大統領がマレーシア国賓を訪問した際、インドネシア語で挨拶をする外交欠礼を犯したという事実が20日になって確認された。

マレーシアは私たちの経済領土拡張のための新南方政策の中核国の一つだ。

一部メディアが一部学者たちを引用したところによると、文大統領は去る13日(現地時間)マハティール・モハマドマレーシア首相との首脳会談後の共同記者会見で言った「スラマッ ソル」という挨拶がインドネシア「スラマッ ソレ」の英語式発音と指摘した。

特にイ・ギョンチャンヨンサン大教授はFacebookを介して「マレーシアとインドネシアはかつて小規模戦争まで繰り広げた国であり、領有権紛争と不法滞在者問題などで対立が小さくない関係だったという点を考慮すると、今回の欠礼は単純なミスではない」と主張しした。

これに対して青瓦台の関係者はこの日、出待ち記者団に「訪問国の国民へのなじみを表現しようと現地語の挨拶を作成する過程で混乱が発生した」とし「このようなことが発生しないよう万全を期していく」との立場を明らかにした。

それとともに「これに関連してマレーシア政府から問題提起はなかった」とも付け加えた。

一方、大統領府は、文大統領が訪問中だった15日に、公式SNSに「ムン・ジェイン大統領のアセアン3国 第三の訪問国カンボジア」というタイトルの記事を介してカンボジアを紹介したが、カンボジアではなく台湾の写真が確認され議論となり、同日「ミスを謝罪」と修正した。

https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=421&aid=0003890686&date=20190320&type=1&rankingSeq=1&rankingSectionId=100