1:2014/09/11(木) 02:13:58.56 ID:
 中国メディア・環球網は9日、韓国メディア・東亜日報の報道として、韓国国内で突然地面が陥没する「天坑」現象が相次いでいると伝えた。

 韓国の最大野党・新政治民主連合の議員が、同国政府・安全行政部から得た資料を公開。7月28日には仁川で幅約35メートルの大穴が開き、8月7日には大邱市内の道路が1メートル陥没した。同26日には、慶尚南道で幅1.5メートル、深さ1.5メートルの「天坑」ができた。

 「天坑」は市街地や高層建築物のある場所でしばしば発生。ソウル市では過去4年で幅2メートル以上の陥没事故が13件発生しており、全国で最も陥没事故の多い都市となっている。事故原因は工事や水道管の破損、長期的な圧力などだという。

 地面の陥没事故は韓国のみならず、米国や日本でもしばしば発生する。また、人口密集地域で突発的に起きる傾向がある。このため、韓国では頻発する陥没事故に市民の憂慮が募っているとのことだ。

 なお、「天坑」は本来、地下岩盤の溶解や既存の洞穴が崩れることで地面に発生する大穴のことを指す。

ソース(Yahoo・新華社) 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140910-00000022-xinhua-cn&pos=4

写真 
9520286e.jpg