(イメージです。)
 
1動物園φ ★2019/03/14(木)17:52:02.82ID:CAP_USER.net[1/4]
機械翻訳

失業者追い込まれた建設日雇いも「寒波」... 「月に10日働いても幸運」

東亜日報 2019-03-14 03:01

始発が走り始めた12日午前4時30分。首都圏最大の建設労働者の市場であるソウル九老区南九老駅三叉路に日雇い労働者数百人が集まっていた。30年以上、ソウル永登浦で電気下請け業者を運営し、「社長」と呼ばれたキム某さん(57)はこの日「南区で人材市場」の「ニューフェイス」(新しい顔)であった。金氏は、「工事代金を受けられない廃業する危機に追い込まれた」と焦るように足を踏みながらペーシングであった。彼は花冷えの中、2時間をペーシングだったが、最終的に車を乗らなかった。 「当日に直接現金を握ることができてきたのに...「雇用惨事は、金氏に日雇いの仕事さえ容易に許さなかった。

「昨年より仕事が半分以上減りました。 働き口がほとんど枯れてんです。」

この日の明け方東亜日報の取材チームと会った日雇い労働者たちは、「肉体労働の仕事もない場合は一体どこの仕事を見つける必要があるのか??」と声を合わせて訴えた。

景気低迷が続き、職場で押し出された壮年層の労働者の多くは単純労働など質の低い仕事に追いやられている。それさえも、建設景気が悪化し、このような低賃金の仕事を獲得するために競争も激しくなっている。雇用の量と質が一度悪くなる様子だ。

○建設日雇いも雇用急減

肉体労働の生活だけ38年をしてきた祖母さん(58)が突然記者に帳簿を見せた。 仕事をした日を入念に記録した「雇用帳簿」だった。先月には、一ヶ月のうち十、今月にはわずか三日目に働いと書かれていた。 月に23日も働い2015年8月の「好況」はもはや来なかった。チョ氏は「今は月に10日働いても幸運だ」と語った。

隣にいたナチュンヒョンさん(61)は、「昨年は月平均20日程度働いて月に300万ウォン以上稼いだ今月円一度も仕事ができないた」と手伝った。50代の叔母氏は、「2017年に一味が多くの雇用を選んでいくもしたが、今はそんなこと夢も見られない」と述べた。過去失業者が雇用市場を多く求めは一味がサービス業種のアルバイトよりも高く仕事が多く参入障壁が低かったからである。また、その日その日現金をすぐに握ることができるという利点も大きかった。