中国 Flag 

1
:2014/02/21(金) 18:54:48.69 ID:
中国、会談取りやめを要求=米に「関係損なう」と警告

【北京時事】
 中国外務省の華春瑩副報道局長は21日の定例記者会見などで、オバマ米大統領とチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世の会談について「重大な懸念」と「断固たる反対」を表明した。その上で米側に抗議し、会談の取りやめを要求したことを明らかにした。

 華副局長は「中国内政に対する粗暴な干渉であり、国際関係の原則への重大な違反だ。中米関係を著しく損なうだろう」と警告。「反中分裂活動への便宜供与や講演場所の提供」も控えるよう米側に求めた。

 さらにダライ・ラマ14世について「長期にわたり宗教の看板を掲げて反中分裂活動に従事する政治亡命者だ」と批判。チベットの高度な自治を求めるダライ・ラマの「中道路線」に関しても「チベット独立を一歩ずつ実現する政治綱領であり、詐欺的なものだ」と述べ、中国政府として絶対に受け入れられないとの立場を改めて示した。

 また米当局者がチベット自治区での人権状況悪化に対する懸念を表明したことについて、華副局長は「チベットは経済、社会、文化各方面で大きな変化を遂げ、巨大な成果を得たことは、否定できない客観的な事実だ」と述べ、外国に干渉する権利はないと反論した。

(2014/02/21-18:28)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int&k=2014022100487