(イメージです。)

1右大臣・大ちゃん之弼 ★2019/02/14(木)08:51:03.31ID:CAP_USER.net
2019年2月7日、韓国のインターネット掲示板に、日本製品不買を主張するソウルの朴元淳(パク・ウォンスン)市長の愛車が「レクサス」であると伝えるスレッドが立ち、ネット上で物議を醸している。 

スレッド主は「Made inJapan、レクサスがいいんだね」とのタイトルで、キム・サンジンさん(大韓民国愛国市民連合、サイバー監視団長)が投稿した動画のスクリーンショット画像を掲載している。そこには、休日に自宅の車庫から白いレクサスに乗って出かける朴市長の姿が写っており、「休みの日には公用車の代わりにレクサスをお乗りになるおしゃれな朴元淳社長(笑)」との字幕が付いている。 

その上でスレッド主は、昨年11月19日に朴市長がソウル市役所や各区役所で使用されている日本製品について「国産品で代替することが可能か検討する」との立場を示したことを紹介している。 

これを受け、韓国のネット上では

「典型的な韓国式の反日愛国者だね。『歴史を忘れた者に未来はない』と不買運動を叫びながら中身は親日。日本にたくさん行くし、ソウル市内の日本食のお店にもよく行く」

と批判的なコメントが寄せられ、

「そんな人を何度も市長に選ぶソウル市民て…」

と非難の矛先は市民にも向かっている。 

一方で、

「中国製ならともかく、日本製ならいいんじゃない?」
「韓国で日本文化を排除するのは不可能。日本製には『高級』というイメージも強いし、大衆文化における日本の影響力は無視できない」
「日本がいなかったら、韓国はどうやって暮らすのかな」

と指摘するユーザーも見られた。

(翻訳・編集/松村)

https://www.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=687059&ph=0&d=d0127
2019年2月14日06時40分 Record China

※参考画像