(イメージです。)

1蚯蚓φ ★2019/02/12(火)23:06:11.47ID:CAP_USER.net
韓国の小中高校生など生徒が北朝鮮を敵というよりは警戒しながら協力すべき対象と考えていることが分かった。

教育部と統一部は昨年10月22日~12月10日、全国の小中高597校の生徒8万2947人を対象に学校統一教育実態調査を行ったところ、このような結果になったと12日、明らかにした。2017年548校の生徒9万1316人を対象に同じ調査を行ったが、1年間北朝鮮に対する否定的なイメージが減少した。

両部署によると、「北朝鮮がわれわれにどのような対象だと考えるか」という質問に「敵と考えるべき対象」と答えた生徒が2017年41%に達したが、昨年5.2%へと著しく減少した。

代わりに「警戒すべき対象」という新しい選択肢を選んだ生徒が28.2%を占めた。「協力すべき対象」という回答は41.3%から50.9%に伸びた。「われわれが助けるべき対象」という回答も10.8%から12.1%に増加した。

「北朝鮮といえばどのようなイメージが思い浮かぶか」という質問に「独裁・人物」と答えた生徒が2017年には参加学生の49.3%だったが、昨年は26.7%に過ぎなかった。「韓民族・統一」と答えた生徒は8.6%から24.9%に大きく増加した。「貧困」(7.2%)や「支援・協力」(1.7%)と答えた生徒も前年より増えた。だが、最も大きな割合を占めた回答は「戦争・軍事」(29.7%)だった。

統一が必要だと答えた生徒が2017年に続き昨年にも60%台だったが、数年内で統一がよいと思うという回答が大きく伸びた。

「統一されるといえば、いつごろ可能だと考えるか」という質問に2017年には「21年以降」(31.2%)という回答が最も多かったが、昨年には「6~10年以内」(31.3%)という回答が最も多かった。「5年以内」に統一されてもよいと考えるという回答も5.1%から16.4%に増加した。

小学生から高校生になるにつれ統一に対して慎重か、現実主義的な態度を見せることが明らかになった。小学生は73.9%が統一が必要だと答えたが、高校生は54.6%だけが必要だと答えた。

統一が必要な理由も小学生は「歴史的に同じ民族だから」(27.4%)と答えた割合が多かったが、高校生は「わが国の力がさらに強くなる可能性があるから」(26%)という選択肢を選んだ場合が多かった。

調査で生徒と教師いずれも学校内の統一教育の効果を肯定的に評価した。教育部と統一部は統一教育資料の開発・教師の専門性向上などのために協業を持続することにした。

ソース:中央日報/中央日報日本語版<「北朝鮮を敵と考えるか」質問に…韓国の小中高校生、調査1年で41%→5%>
https://japanese.joins.com/article/146/250146.html