(イメージです。)

1荒波φ ★2019/02/02(土)12:52:05.59ID:CAP_USER.net[1/2]
韓国も、核兵器を保有する問題を深く検討すべきときになった。米国が北朝鮮の非核化に失敗し、北朝鮮が事実上の核保有国になったら、日本とて黙っているはずがない。日本も核を持つ状況が来る。

そうなったら、北東アジアは中国・日本・ロシア・北朝鮮の4カ国いずれも核保有国になり、唯一韓国だけが核を持たない、寄る辺の無い身になる。

第2次米朝首脳会談を前にして「トランプ政権は米国本土を攻撃できる運搬手段である北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)だけを取り除き、北朝鮮の核の存在は事実上凍結するというレベルの妥結にとどまるだろう」という報道が公々然となされている。そうなったら北朝鮮は、堂々と核保有国になるのだ。

北朝鮮は核を絶対に放棄しないだろうという世界の専門家らの予見は外れず、北朝鮮の「非核化」にすがりついて「平和」ばかり叫んできた韓国はみじめな笑い物になる。

依然として北朝鮮の中・短距離核兵器の射程に収められている日本としては、そのままでいるべき理由は万に一つもない。「米国さえ安全ならそれで終わりなのか。自分たちも生き延びよう」と、本格的に核を持とうと図るだろう。そういう事情を逆手に取って日本の核武装を正当化しようとする陰謀論も可能だ。

日本の核武装は中国が最も恐れる状況なので、トランプ大統領としては「北朝鮮の核を眠らせて日本の核を起こし」、中国をけん制するという、多目的な策を練ることもあり得る。

おのおのが生きる道を図る中にあって、韓国は「洛東江のアヒルの卵(孤独でわびしいことの例え)」のような身の上になっている。「影響力戦争」において、韓国はぶざまな餌同然の国、あるいは「取引用」の国に転落する危機に直面している。

にもかかわらず、文在寅(ムン・ジェイン)政権は北朝鮮を生かすことにばかり没頭している。駐留米軍の防衛費削り、軍事演習減らし、前方哨所の破壊、西海岸での後退、北朝鮮制裁解除の懇請、開城工業団地・金剛山観光の再開など、平和ムードにすっかり夢中になっている。

加えて韓国国民も、安全保障にはあまり関心を示さない。年末年始の複数の世論調査で、「南北関係、外交・安全保障」の順位は6番目だった。雇用、経済民主化、積弊清算、住宅価格、福祉の後に安全保障が来る。大統領の資質問題でも「確固たる安全保障観」は5番目に後退した。

「平和」を国政課題の第1位に挙げる文政権の宣伝術が奏功しているように見える。韓国国民は、北朝鮮の核実験およびミサイル発射が当面ないので平和が到来したかのように錯覚し、それにとどまらず一部からは、米国や米軍の存在が韓半島(朝鮮半島)の平和にむしろ逆行するかのように宣伝して回っている。

経済は生活の問題であって、安全保障は生死の問題だ。「食べていけるか」という問題が「滅ぶか、生き残るか」の問題に優先することはあり得ない。

2019/02/02 05:06
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/02/01/2019020180130.html
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/02/01/2019020180130_2.html
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/02/01/2019020180130_3.html

>>続きます。