(イメージです。)
 
1右大臣・大ちゃん之弼 ★2019/01/21(月)13:03:47.81ID:CAP_USER.net
韓国海軍のレーダー照射問題をめぐっては、防衛省・自衛隊内に「岩屋毅防衛相には、もっと韓国に強く出てほしい」との声がある。自衛隊員の命を危険にさらした隣国に対し、岩屋氏が「大局的には未来志向の日韓関係が大事だ」などと融和的だからだ。果たして、部下の信頼をつなぎ止められるのか。

 ある防衛省幹部は、夕刊フジの取材に次のように語った。

 「韓国と3回目の協議をやっても意味がない。それなのに…」

 日韓防衛当局間の実務者協議は2度行われたが、韓国側はレーダー照射の事実を認めず、電波情報の公開も拒否した。それでも、岩屋氏は協議を継続させる意向だ。

 昨年12月のレーダー照射直後も、現場は「証拠映像を公開すべきだ」と迫ったが、岩屋氏は難色を示したという。

 最終的に、安倍晋三首相が公開を指示したことで、日本は国際世論を味方に付け、「反日・従北」の文在寅(ムン・ジェイン)大統領を孤立させる方向となっている。

 岩屋氏は、韓国が国際観艦式(昨年10月)で、自衛艦旗「旭日旗」の掲揚自粛を要求した際も、「遺憾の意」を伝えただけだった。

こうした経緯を経て、レーダー照射問題の対応は官邸が仕切っている。

 自民党国防部会と安全保障調査会は16日、緊急の合同会議を開いた。

 出席者からは「防衛省などが有効な対抗措置に出ないなら、逆に安倍政権への不信感が生まれかねない」と、対応の鈍さを批判する意見が出た。

 岩屋氏は部下の命を守り、日本を守るためにも、腹をくくって韓国と対峙(たいじ)すべきだ。無法国家に温情は通じない。

https://www.zakzak.co.jp/soc/news/190121/soc1901210005-n1.html
夕刊フジ 2019.1.21