(イメージです。)
 
1右大臣・大ちゃん之弼 ★2019/01/09(水)16:08:37.20ID:q7ghfNxD.net
沖縄県のアメリカ軍普天間基地の移設をめぐり、ホワイトハウスに辺野古の埋め立て中止を求める署名が20万人分集まりました。10万人を超えればアメリカ政府が公式に回答することになっていて、対応が注目されます。

 普天間基地の移設工事が進む沖縄県の名護市辺野古では、先月14日から沿岸部に土砂が投入され、埋め立てが進んでいます。

 こうした中、ハワイ在住で県系4世のロバート梶原さんは、アメリカのホワイトハウスに対し、埋め立ての賛否を問う県民投票が実施されるまでの間、工事の中止を求める署名活動を始めました。

 署名は日本時間の8日午後締め切られ、日本や海外から20万人を超える署名が集まりました。

 1か月の期限内に10万人を超えたため、アメリカ政府は内容を精査した上で公式に回答することになります。ただ、10万人を超えたもののうち、アメリカ政府が実際に回答したのは7件にとどまっていて、今後の対応に注目が集まります。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3568849.html
TBSnews 9日4時00分