サムスン スマホ 

1
:2014/09/01(月) 13:53:03.36 ID:
「中身まで同じように作ったよ。これは、ハードウェアからソフトウェアに至るまで、そのままコピーしたものと同然ですね」

最近、東亜(トンア)日報の取材陣を手伝って、中国製偽物の「ギャラクシーS5」について分析していた国内スマートフォンのエンジニアは、舌打ちをした。彼は、「ギャラクシーS5の開発に参加した三星(サムスン)電子の職員ではないが、同じ韓国人として、憤りを感じる」とし、「製品の内側に『韓国製(Made in Korea)』と記されており、最低限の良心すらない気がする」と話した。

最近、中国で猛威を振るっている偽のスマートフォン問題で三星電子やアップルなどグローバルメーカー各社が頭を痛めている。製品発売から1週間足らずで、丸ごとコピーした偽の製品が、中国主要都市の家電売場で正規品の5分の1足らずの価格で売られている。

最近、東亜日報の取材陣が訪問した中国上海の電子卸売りの商店街では、偽のギャラクシーS5が店頭に並べられ、正規品と一緒に売られていた。偽物のブランド品バッグも、レベルによって価格が異なるよう、800人民元(約13万1000ウォン)の物と1000元(約16万4000ウォン)の物とに分かれて販売されていた。さらにここでは、まだ発売すらされていないアップルの「アイフォン6」の偽物バージョンすら堂々と売られていた。

年々「偽物市場」は膨らんでいるが、中国政府の強力な自国メーカー保護政策のため、製造業者らは、対応する気すら起こせずにいる。国内電子業界の関係者は、「三星電子には、あれほど訴訟を起こしてきたアップルでさえ、中国にはなんら声も上げずにいるではないか」とし、「中国政府も怖いが、愛国的消費性向の強い中国人らの不買運動も怖い」と話した。

http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2014090124308