(イメージです。)
 
1右大臣・大ちゃん之弼 ★2019/01/05(土)17:24:15.27ID:CAP_USER.net
 2019年1月4日、常に日本に対して、高圧的な態度で臨む韓国。周辺諸国の専門家の中には、日本に同情的な意見が多い。

 韓国に詳しい専門家は「(中略)韓国の国内向けのパフォーマンスとしか考えられません。動画の字幕での反論も痛々しく、お手上げ状態に感じます。韓国メディアの論調にも変化があり、安倍総理が映像公開を指示したことに対するバッシングにシフトしてきました。(中略)韓国は、よほど真実を明らかにされることが怖かったのだと思います。(中略)直ぐにレーダー照射を認め、再発防止に努めますと頭を下げておけばと後悔していると思われます」と解説する。

【編集:WY】

http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=5423&&country=1&&p=2
グローバルアジア 2019年1月4日 15時30分