イメージ 
1:2014/02/19(水) 20:25:34.52 ID:
2014-02-19 18:05

崩壊事故を来るとすぐリゾート宿泊施設に脱出...調査終了時まで「潜伏」

慶州マウナオーシャンリゾート崩壊事故直後、イベントを主催したイベント会社のスタッフがリゾート宿泊施設に逃亡するなど姿を消したことが分かった。

19日、学生や警察などによると修羅場となった事故現場で釜山外大の学生が互いに助け合うときイベント会社の従業員12人(死亡1人)のうち11人がリゾート宿泊施設に避難した。

彼らは体育館の中にいたが崩壊事故が起きるとすぐ50m離れたリゾート宿泊施設に逃げた。

11人のうちの何人かは後で事故現場付近で簡単な警察の調査を受けたりしたが、調査直後再び宿に帰るなどして惨事現場を無視した。

捜査本部関係者は「崩壊当時体育館の中には亡くなった司会者のチェ某(43)氏を含めてイベント会社の従業員12人がいた」とし「チェ氏を除いた残りの11人は脱出した後リゾート内に避難したことが分かった」と語った。

負傷して病院を訪れた学生は「体育館を出てくる時先輩たちの助けは受けたが脱出を率いたイベント会社の職員はいなかった」と伝えた。

彼らは今まで何ら立場表明をしていない。(中略)

また大邱のイベント会社は事故後現在までドアを閉めたまま連絡を受けつけていない。
(以下略)

http://news.nate.com/view/20140219n33685?mid=n1006