(イメージです。)
 
1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/12/08(土) 11:37:28.51 ID:CAP_USER
(写真)


TWICE(トゥワイス)と防弾少年団(パンタンソニョンダン)が、ビルボードジャパン(ピルボドゥ・チェペン)のアーティストTOP3にランクする快挙を成し遂げた。

7日(以下、現地時間)、ビルボードジャパンによれば、『2018アーティストTOP20』でガールズグループのTWICEが2位、ボーイズグループの防弾少年団が3位に並んで選ばれた。1位は日本の歌手である米津玄師(ヨネジュ・ケンシ)が選ばれた。

アーティストランキングはビルボード総合ソングチャートの『JAPAN HOT 100』と総合アルバムチャート『Hot Albums』を合算して発表した事が分かった。TWICEと防弾少年団はデジタル領域の重要指標である日本のストリーミング、ダウンロード、動画再生部門で好成績を収めたという分析である。

先立ってTWICEは、去る9月に公開した日本の正規ファーストアルバム『BDZ』でオリコンのデイリーアルバムチャート連続1位、週間チャートおよび日本進出後に初めてオリコン月刊アルバムチャートの頂点まで上がり、日本レコード協会からプラチナ認証を獲得した。また5月に公開されたシングル3弾『ウェイク・ミ・オプ(Wake Me Up)』で、海外女性アーティストのシングルで初めてダブルプラチナ認証、2月披露した『ケンディ・パプ(Candy Pop)』もプラチナを獲得した。

この勢いに乗ってTWICEは来年3月21日に大阪の京セラドーム、3月29日と30日の2日間は東京ドーム、4月6日に名古屋ドームなど3都市、4回公演のドームツアーを行う予定である。

先月、東京ドームコンサートと大阪の京セラドームでコンサートを行った防弾少年団も、来年1月12日と13日にナゴヤドーム、2月16日と17日に福岡ヤフオクドームで『ロブ・ユオセルプ(LOVE YOURSELF)』の日本ツアーを続ける。

一方で日本の極右勢力は最近、防弾少年団とTWICEが反日活動をしているとし、テレビ出演禁止を主張している。言い掛かりにもかかわらず、二つグループは日本のオリコンチャートを席捲して底力を誇示した。

ソース:NAVER/スポーツソウル(韓国語)
https://entertain.naver.com/read?oid=468&aid=0000454681