(イメージです。)
 
1右大臣・大ちゃん之弼 ★2018/11/16(金)11:32:44.41ID:CAP_USER.net
韓国政府が新南方政策を加速化するためASEAN(東南アジア諸国連合)主要国のインドネシア、マレーシアとそれぞれ2国間自由貿易協定(FTA)の締結を推進する。ASEAN10カ国のうち7カ国とFTAを締結した日本との競争力格差を狭めるための措置だ。 

  金鉉宗(キム・ヒョンジョン)産業通商資源部通商交渉本部長は15日、シンガポール現地で記者会見し、「韓・ASEAN首脳会議、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)首脳会議などをきっかけにインドネシア貿易相、マレーシア通商産業相、インド商工相と会談し、実質的な協力案について議論した」と明らかにした。 

  ASEANのうち領土が最も大きいインドネシアでは自動車100台のうち99台が日本車といわれるほど日本が市場を確保した状態だ。金本部長は「東南アジア市場で日本企業の支配力は非常に大きい」とし「ポスコ、ロッテケミカルなど韓国企業が進出しているが、まだ少ない状況」と診断した。 

  日本との差を最大限に減らすため韓国政府は2014年に農産品市場の開放をめぐる隔たりで中断した韓・インドネシアFTAを再推進することにした。 

  マレーシア政府も韓国とFTAを結ぶ必要があるという考えを示し、妥当性の研究に入ることで合意した。金本部長は「マレーシアは世界2位のパーム油生産国で地下資源も豊富」とし「国際的に影響力のある国富ファンドも保有し、幅広い分野での協力が可能」と説明した。ASEAN各国との個別FTA交渉のほか、韓国政府はASEAN10カ国と日本、中国、インドなど計16カ国の「メガFTA」であるRCEPの交渉にも参加している。

https://japanese.joins.com/article/184/247184.html?servcode=300&sectcode=300&cloc=jp|main|top_news
2018年11月16日09時34分 
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]