日本 韓国 中国 Flag

1
:2014/02/18(火) 12:04:06.19 ID:
2014/02/18 11:55

【世宗聯合ニュース】
 韓国企画財政部の秋慶鎬(チュ・ギョンホ)第1次官は18日、韓国と日本、中国が政治・安保分野で対立を深めても、経済分野の問題は経済的観点で冷静に対処すべきだとの考えを示した。

 秋次官は同日午前、ソウル市内のホテルで開かれた「アジア経済・金融協力国際コンファレンス」に出席。あいさつで、「韓日中3カ国の経済問題は経済的観点から見つめる冷静さを欠いてはならない」と述べた。

 3カ国は経済分野で相互依存が高まっている半面、政治・安保分野での対立が強まる「アジア・パラドックス」現象が起こっていると指摘。その上で、こうした状況でも経済協力は続けていくべきだと呼びかけた。

 また、アジア地域の持続可能な繁栄を目標とするならば、3カ国の経済・金融協力を深めていくことが不可欠だと強調した。

 さらに、世界全体の半分近くを占める3カ国の外貨準備高など域内の資本を活用し、ドルへの依存度を弱め景気の鈍化や高齢化、財政問題についての解法を共有すべきだと説明した。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2014/02/18/0900000000AJP20140218001300882.HTML