(イメージです。)
 
1右大臣・大ちゃん之弼 ★2018/11/13(火)19:33:03.46ID:CAP_USER.net
【シンガポール聯合ニュース】

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は13日午後、東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議出席のためシンガポールに専用機で到着した。


シンガポール到着後、空港で出迎えを受ける文大統領=13日、シンガポール(聯合ニュース)

16日まで同地に滞在し、第20回韓国・ASEAN首脳会議、第21回ASEAN+3(韓中日)首脳会議、第13回東アジア首脳会議(EAS)などに出席する。

 青瓦台(大統領府)は、今回の文大統領のシンガポール訪問を通じASEANとの関係を格上げし、東南アジアなどとの協力を強化する「新南方政策」を加速化させると説明した。

 文大統領はASEAN関連首脳会議で、韓国・ASEAN特別首脳会議、メコン川流域国(ラオス、カンボジア、ミャンマー、ベトナム、タイ)の首脳との韓国・メコン首脳会議の来年開催を提案する予定だ。

 14日はASEAN10カ国と韓中日の3カ国に加え、オーストラリア、ニュージランド、インドの計16カ国が参加する東アジア地域包括的経済連携(RCEP)首脳会合に出席し、共同繁栄に向けた協力強化の必要性を訴える。

 また、ロシアのプーチン大統領、オーストラリアのモリソン首相との会談も予定されている。文大統領は会談で、朝米(米朝)間の非核化交渉、南北関係改善に関する情報を共有し、朝鮮戦争の終戦宣言をはじめとする朝鮮半島平和プロセスの必要性を強調するとみられる。青瓦台によると、ペンス米副大統領との会談は調整が進められている。

 文大統領は16日にパプアニューギニアに移動し、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に出席し、韓国政府の「革新的包容国家ビジョン」を紹介した後、18日に帰国する予定だ。

http://m.yna.co.kr/mob2/jp/contents_jp.jsp?cid=AJP20181113004300882&domain=6&ctype=A&site=0100000000
聯合ニュース 2018-11-13 18:45