(イメージです。)
 
1蚯蚓φ ★2018/11/08(木)12:55:59.27ID:CAP_USER.net
 2016年に脱北して韓国に亡命した太永浩(テ・ヨンホ)元駐英北朝鮮公使がキリスト教関連の集まりで講演をしようとしたところ、反米大学生団体の妨害で取りやめていたことが7日、明らかになった。「太永浩逮捕」を主張する韓国大学生進歩連合は6日、太永浩氏に送信したメールをインターネット上で公開した。この団体は「太永浩氏は虚言を発し続けている。統一の邪魔になる行動をすぐにやめろ」と主張した。また、太永浩氏側に電話をかけて抗議する動画も掲載した。

 太永浩氏は6日午後7時、ソウル市鍾路区内の韓国キリスト教会館で行われた「大韓民国国家祈とう祭壇」で、統一に対する北朝鮮の観点などをテーマに講演をする予定だった。国連で北朝鮮の人権状況を証言したことのある脱北者チ・ヒョナ氏と共に登壇するはずだった。ところが、この日会場に太永浩氏は現れず、チ・ヒョナ氏だけが現れた。韓国大学生進歩連合が太永浩氏にメールを送信したのはこの集まりの前のことだった。

 主催側は「太永浩氏側から『太永浩を逮捕するという人々が活動しており、参加が難しい』との連絡を受けた」と説明した。主催側関係者は本紙の電話取材に「太永浩氏は最後まで参加を検討したが、警護チームの懸念を示したと聞いている。参加するという話が流れ、さまざまな圧力を加えられたとも聞いた」と語った。このためか、太永浩氏は7日、北朝鮮関連情報専門メディア「デイリーNK」に、北朝鮮の李善権(リ・ソングォン)祖国平和統一委員会委員長の「冷麺(めん)発言」と関連して「李善権も注意するだろうから、この辺にしておこう」という趣旨のコラムを掲載していた。

 韓国大学生進歩連合の一部メンバーは、今年8月に「太永浩・朴相学(パク・サンハク)逮捕決死隊監獄行き」という団体を作り、太永浩氏を批判する宣伝活動をしていた。朴相学氏は北朝鮮人権活動家だ。この団体は露骨にも「太永浩と朴相学が嫌になるほど脅すこと」を活動目標の1つとして掲げている。太永浩氏が7日、この団体のせいで講演できなかったという書き込みをフェイスブックに掲載すると、同団体は「そうだそうです^^」というコメントをアップした。

 太永浩氏は先月の国会討論会でこの団体に言及し、「彼らを取り締まる現行法はなく、何の対策も取れないままだ。北朝鮮によるテロの対象になっている人々に対し、韓国国内でさらなるテロへの脅威や身辺の懸念が大きくなっている場合に刑事犯罪を扱う特別条項が必要だ」と述べた。この団体が特定の人物を狙って公の場で逮捕を口にしたり、不安をあおったりしているのに、警察がこれを放置するのは職務放棄だとの指摘もある。保守系野党・自由韓国党の尹永碩(ユン・ヨンソク)首席報道官は「他人の基本権を侵害しない範囲で個人の自由が許されているというのが民主主義の大原則だ。政府が強力かつ積極的に対処し、民主主義の価値と品格を壊す行為を厳しく断つよう要求する」と語った。

ユン・ヒョンジュン記者

ソース:朝鮮日報/朝鮮日報日本語版<韓国の反米団体、脱北公使の講演会を妨害「統一の邪魔」>
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/11/08/2018110800894.html

関連スレ:【韓国】 反米団体メンバー、またマッカーサー像に放火…でも放火罪にならず?(写真)[10/23]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1540310956/