韓国 経済 

1
:2014/08/21(木) 12:03:01.25 ID:
経済専門家51%「韓国経済は日本型の長期不況突入」

 韓国の経済専門家が最近、韓国経済について、日本の長期不況と同じ道を歩む懸念を抱いていることが全国経済人連合会(全経連)の調べで分かった。

 全経連が経済専門家37人を対象に実施したアンケートによると、最近の韓国経済について、51.4%が「低成長が現実となり、日本の長期不況と同じ道を歩む懸念がある」と答えた。「セウォル号事故の影響などで景気回復のモメンタム(勢い)が低下した」との回答は45.9%、「セウォル号事故の影響から脱したように見えるが確認できない」との回答は2.7%だった。

 チェ・ギョンファン経済副首相の政策方向については、約54%が「適切だ」と回答し、「不適切だ」との回答は16.2%にとどまった。専門家の約76%は「新たな経済チームによる政策が支障なく進めば、年内に内需がセウォル号事故以前の水準に回復する」と予想した。

 また、政府の経済政策方向として主眼を置くべき分野を聞いたところ、「経済改革」(48.7%)、「内需活性化」(43.2%)が上位だった。そのための細かい課題としては、「規制改革」(50%)、「拡張的財政・金融政策」(56%)という指摘が出た。

 全経連のキム・ヨンオク経済政策チーム長は「韓国経済が直面する最大の問題点として、専門家は不動産景気回復の遅れ、家計債務、セウォル号事故後の経済心理低迷を挙げた」と説明した。

李恵云(イ・ヘウン)記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2014/08/21 08:30
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/08/21/2014082100731.html