1:2014/08/20(水) 13:51:51.36 ID:
無9635題 
店内にも萌え系のアカ族の女の子のイラスト。

無259635題    
「パーヒーの家へようこそ」と出迎えてくれるアカ族の女の子。

無254599635題   
店内にはアカ族の民芸品も飾られている。

無25459635題   
アイスコーヒー50バーツ(約150円)。

無2559635題   
「PHU PHAHEE coffee(プー・パーヒー・コーヒー)」は「J-Park」の2階。

 2014年8月18日、タイ東部シーラチャ郊外にある商業施設「J-Park」でアカ族の喫茶店を発見した。

 店名は「PHU PHAHEE coffee(プー・パーヒー・コーヒー)」。「パーヒー」というのはタイ北部の山中にあるアカ族の村の名前である。

 この喫茶店では、そのパーヒー村で彼らアカ族によって栽培されたコーヒーを飲むことができるのだ。

 店の入り口ではアカ族の萌え系の女の子のイラストが出迎えてくれる。そのイメージから、筆者はアカ族のコスプレをした女の子によるメイド喫茶のようなサービスを期待して店に入ったのだが、残念ながらサービスのほうは至ってふつうだった。

2014/08/19 11:53
http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=851&&country=2&&p=2
https://www.facebook.com/jpark.nihonmura

タイ東部シーラチャにある日本をモチーフにした商業施設「J-Park」
http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=849&&country=2&&p=2