(イメージです。)
 
1動物園φ ★2018/10/28(日)22:43:52.81ID:CAP_USER.net
機械翻訳

ムン・ジェイン大統領は28日、キム・ジョンウン、北朝鮮国務委員長がソウル答礼訪問をすると、「『白頭から漢まで』という言葉もありますので、必要な場合、漢拏山見物もさせてくれることができる」と述べた。

ムン大統領は日曜日のこの日の午前出入り記者たちと青瓦台の裏山の北岳山登山を一緒にして「最後の時間に私上がった時、あまりにも温かいおもてなしを受けて、金委員長が答礼訪問をしたときにどこに行くかどうか心配になる」と述べた。

また、「まだ日程が具体化されていなくて計画を立てていない。日程が巻き込まれるどのくらいの時間を送信する知らない合わせとらなければならない」とした。

ムン大統領は先月、平壌共同宣言時、金総書記のソウル答礼訪問がなるべく今年中に実現することを望むと期待を述べた。しかし、朝米間の非核化対話の進展速度が遅く行われ、2次米朝首脳会談の年内開催が不透明な状況で金委員長のソウル答礼訪問も来年に持ち越されるしかないという観測が多い。

ムン大統領は、今年、私のイルォネヤする課題として、「外交的に行うことが多い」とし「今行われている和平プロセスが決して失敗しないように機会を復活させるようにすることが多い。一方では、北朝鮮、一方では、米国と努力をしなければならない」と述べた。

たとえ金委員長答礼訪問は、今年中に行われなくても、今年の残りの2ヶ月の間に、朝米対話プロセスを促進する役割を最大限するという意味で解釈される。

ムン大統領は「経済面でも行うことが多い」とし「マクロ経済指標は何であれ、国民が民生を難しくいただき民生の難しさを少なくしながら、しかし、政策基調である所得主導の成長、技術革新、成長、公正な経済基調をよくしていくことができように努力しなければならない」と述べた。以下略

https://translate.googleusercontent.com/translate_c?act=url&depth=1&hl=ja&ie=UTF8&prev=_t&rurl=translate.google.com&sl=ko&sp=nmt4&tl=ja&u=https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn%3Fmid%3Detc%26sid1%3D111%26rankingType%3Dpopular_day%26oid%3D032%26aid%3D0002901955%26date%3D20181028%26type%3D1%26rankingSeq%3D1%26rankingSectionId%3D100&xid=17259,1500000,15700023,15700124,15700149,15700186,15700191,15700201,15700214,15700230&usg=ALkJrhg6dPw7Y-iu6MEH33-rCw33jiBTag