(イメージです。)
 
1蚯蚓φ ★2018/10/15(月)13:31:47.26ID:CAP_USER.net

▲チャン・スヨン博士、ポトマックフォーラムで広開土大王碑文と日本の歴史歪曲について説明している。

「日本は広開土大王碑文を歪曲解釈、古代日本が韓半島南部を支配し任那日本府が存在したと主張して韓半島植民支配を正当化した。しかし、これは当時の歴史的事実に反し日本の主張が虚偽であることが立証されたにもかかわらず、相変らず植民史観が支配している。」

ポトマックフォーラム(会長イ・ヨンムク)主催「そこに私がいた」シリーズ五回目の講座でチャン・スヨン博士(元浦項(ポハン)工大総長)は檀君朝鮮から現代に至るまでの広範囲な歴史を行き来して「広開土大王碑文と日本の歴史歪曲」を主題の講演をした。

11日昼、アナンデールで開かれた特講でチャン博士は自身が中国瀋陽生まれで少年時代をそちらで過ごした縁があると紹介した後、現在の鴨緑江を渡って中国吉林省集安市にある広開土大王碑文を詳細に紹介した。

チャン博士は広開土大王の息子の長寿王が414年に建設した広開土大王碑は合計1800字余りが6.39メートルの高さの花こう岩4面に彫られているが、300字余りは判読が難しいとし、主な内容は朱蒙王の建国から高句麗の歴史、広開土王の業績、守墓人制度と付け加えた。

チャン博士は「1883年、日本で注目をあび始めた碑文で最も問題になる部分は第2面にある辛卯年(391)部分」とし、「404年、倭が無道にも帯方の境界に侵入した、という記録など碑文の戦争は全部韓半島であったと理解したが、キム・インベ、キム・ムンベ史学者が『任那新論、逆説の韓日古代史』で広開土大王が396年と400年に九州にあった百済が倭を征服したことを明らかにした」と説明した。

チャン博士は「日本政府は1880年から韓半島侵略と植民支配が正当だったという征韓論のために韓国古代史研究を始めた。まだ日本は朝鮮の歴史を檀君からではなく漢四郡からだと固執し、植民史観を正当化している」と指摘した後、「20余年前キム・インベが書いた本『任那新羅論』を通じて日本の主張は事実でないと反論したが、イ・ビョンドの植民史観が相変らず韓国史学界を支配している」と指摘した。

チャン博士は「中国は多数を占める漢族の他50余りの少数民族がいるが、朝鮮民族は中国の続く侵略にもかかわらず、相変らず7千万民族、韓国語を守っている点ではすごい民族」とし、「歴史を正しく知ることを通じて韓民族の民族魂と文化を守らなければならない」として講座を終わった。

来月の講座は11月8日(木)午前11時、パク・ユンシク、ジョージ・ワシントン大教授が「IMF金融危機と財閥の対処」を主題に講演する。

<チョン・ヨンヒ記者>

ソース:コリアタイムズ(韓国語) 「日、植民支配正当化ために広開土大王碑文歪曲」
http://www.koreatimes.com/article/20181014/1208490