(イメージです。)
 
1チンしたモヤシ ★2018/10/04(木)16:40:59.01ID:CAP_USER9.net[1/6]
「Gray War(灰色戦争)」に入った米国と中国
米日豪印の4本柱に英仏を加えた4+2体制の構築が不可欠に

南シナ海を航行する米海軍誘導ミサイル駆逐艦ディケーター(2016年10月21日撮影、資料写真)。(c)AFP PHOTO / USNAVY/Petty Officer 2nd Class Diana Quinlan〔AFPBB News〕

JBpress 2018.10.3(水) 樋口 譲次
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/54273


●「Gray War(灰色戦争)」という新たな概念

 米海軍作戦部長のジョン・M・リチャードソン大将は、今年(2018年)9月はじめ、ワシントンで開催されたディフェンス・ニューズ(DefenseNews)主催の会議において「Gray War(灰色戦争)」という新たな概念を提唱した。

 そして「本格戦闘に至る前の段階」(Areas Short of OpenWarfare)での対処がいかに重要であるかを述べた。

 「GrayWar(灰色戦争)」は、わが国でも大きな課題となっている「グレーゾーン事態」あるいは「グレーゾーンの戦い」に相当する概念と解釈される。

 それを主として軍事の対象領域である戦争(War)と捉え、しかも、日本で言えば海上幕僚長に相当する米海軍現役最高位の軍人が公言にしたところに重大な意味がある。

 会議の講演の中でリチャードソン作戦部長は、南シナ海はもちろん中東領域での中国およびロシアとの対立は「本格戦闘に至る前の段階における灰色戦争」であると述べた。

 そして、米海軍は、「灰色戦争」に勝利する能力を備えなければならないと強調した。

 繰り返すと、米国は、現在の中国との対立を「本格戦闘に至る前の段階」にあると認識し、その渦中にある「灰色戦争」に勝利すると明言しているのである。

 それを象徴するかのように、最近になって米軍は、西太平洋以西、特に東シナ海と南シナ海における軍事的プレゼンスを強化している。

 (中略)

 このように、日米を中心に英仏などが米国の「灰色戦争」に共同連携する動きを強め、中国の海洋進出と覇権拡大への対抗姿勢を鮮明にしつつある。

関連
【航行の自由】中国駆逐艦、「航行の自由」作戦の米艦に異常接近 南シナ海
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1538446319/
【米中貿易戦争】中国・王毅外相「パニックに陥る理由はない。驚くことではない」 ★2 
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1538567866/
【米中貿易戦争】敗者は米国、中国は恩恵被る ECB(欧州中央銀行)が分析 ★2
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1538023587/-100
【貿易戦争】トランプ大統領、中国製品に過去最大の22兆円分の追加関税発動 「報復なら直ちに30兆円分追加」と警告★10
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1537321232/

つづく>>2-10