(イメージです。)
 
1動物園φ ★2018/09/28(金)23:59:21.04ID:CAP_USER.net
7月に出生児2万7千人... 28カ月連続の最低行進
記事入力2018-09-28 22:04

[アンカー]
7月に出生児数が同月基準で、また歴代最低に落ちた。

1月から7月までの累計出生児数は20万人程度にも及ばず、少子化がますます深刻になっています。

次油井記者が報道します。

[記者]
7月に生まれた赤ちゃんは、1年前より2千人減った2万7千人です。

7月基準で見ると、1981年に関連統計を作成し始めた後に、最も少なくなります。

同月同士の出生児数を比較してみると、2016年4月から今年7月まで28カ月連続の最低行進です。

1月から7月までの累計出生することも、20万人に及ばず、歴代最低に落ちた。

このような流れが続けば、今年の出生児数は昨年より5万人ほど減少し、30万人前後になると思われます。

良質の雇用の減少に稼ぎは容易ではないのに、住宅費や養育費の負担などはますます大きくなり、結婚して子供産むのが容易ではありませんしました。

まだ女性が家事や子育ての責任を優先的になければならないという家父長的文化も、若い女性が出産を気に主な原因です。

【ギムヨウンラン/女性政策研究院研究委員:
日常性の中での家父長的文化のため、女性が男性よりもはるかに結婚する考えを少なくして、そのような韓国社会の家父長的文化が少子化を深める...]

その上、80年代産児制限のポリシーの影響で赤ちゃんを主に生む30代初中盤の女性の人口が減少したことも原因で占めています。

この夏の記録的な猛暑の影響で高齢死亡者数は大幅に増えました。

7月の死亡者数は2万3千8百人に達し、1983年の毎月の死亡者数集計以来最大に増えました。

https://translate.googleusercontent.com/translate_c?act=url&depth=1&hl=ja&ie=UTF8&prev=_t&rurl=translate.google.co.jp&sl=ko&sp=nmt4&tl=ja&u=https://news.naver.com/main/read.nhn%3Fmode%3DLSD%26mid%3Dshm%26sid1%3D101%26oid%3D052%26aid%3D0001198106&usg=ALkJrhignKIKvKXd1VX6l_M9d_EPCJvZ7g
 
=管理人補足=
動画です。