(イメージです。)
 
1ガラケー記者 ★2018/09/27(木)14:50:39.23ID:CAP_USER.net
2018年9月26日、韓国・聯合ニュースは、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が安倍晋三首相との会談で「和解・癒し財団」の解散を示唆したことをめぐり、懸念される二つのポイントについて伝えた。

米ニューヨークを訪れている文大統領は25日(現地時間)に安倍首相と首脳会談を行い、朴槿恵(パク・クネ)政権時代に結ばれた慰安婦問題をめぐる日韓合意に基づき設立された「和解・癒し財団」について「慰安婦被害女性と国民の反対により正常に機能しておらず解決する必要がある」と述べた。

同財団は2015年7月に設立され、日本の拠出金10億円を被害者や遺族に支給する事業を行っていた。生存する被害者34人(2015年の日韓合意時点)、死去した被害者の遺族58人に計44億ウォン(約4億4000万円)が支払われたが、文在寅政府は昨年5月の発足後に合意の再検討を行い、日本の拠出金を肩代わりする方針を固めた。そのため財団の活動は事実上中止され、今月3日からは市民らによる財団の解散を求めるデモも始まっていた。

財団を解散するに当たり、記事は「日韓関係に及ぼす影響」と「日本の拠出金の処理方法」を懸念している。文大統領は今回の会談で「合意の破棄や再交渉の要求はしない」と述べたが、記事は「日本が合意に基づき設置された財団の解散を合意破棄とみなす可能性がある」と指摘している。

また「日本の拠出金を肩代わりする」との方針に基づき、韓国の女性家族部が運営する「両性平等基金」にはすでに10億円に相当する金額が拠出されている。記事は「日本に返すか、慰安婦被害者の支援という趣旨に沿った事業をしなければならない状況だが、そのための日韓協議に日本が応じるかは未知数だ」と伝えている。

これに、韓国のネットユーザーからは

「日韓関係より被害者の名誉の方が大事」
「10億円は当然返すべき。日韓関係の未来を考える前に、まずは韓国国民の心の傷を癒すこと」
「慰安婦合意を破棄してほしい。日韓関係は間違いを正すところから始めることが大切」

などの声が上がっている。

一方で

「日本が黙って許すはずがない。前政府のせいで文大統領は苦労が多いな」
「そんなことをしても日本は謝罪しない。それなら10億円をもらった方がいい」
「不景気など国が安定していない状況で日本との関係を悪化させるのはよくない」

との意見も見られた。

Record china 2018年9月27日(木) 8時20分
https://www.recordchina.co.jp/b648074-s0-c10-d0058.html