(イメージです。)
 
1動物園φ ★2018/09/24(月)10:18:36.62ID:CAP_USER.net
機械翻訳

「韓国ブロードバンドインターネットの速度の世界30位... 14階段下落」
聯合ニュース 記事転送2018-09-24 07:02

英「ケーブル」200カ国対象1億6千万回の実験... シンガポール1位
韓国情報化振興院」の付加サービス事業者提供の速度比較であること」

(ソウル=聯合ニュース)チェヒョンソク記者

韓国ブロードバンドインターネットの速度が世界30位の水準に落ちた分析が出た。

24日、通信業界によると、イギリスの広帯域通信、モバイルサービス、TV、携帯電話の比較サイトである「ケーブル」は、米国のシンクタンクであるニュー・アメリカオープンテクノロジー研究は、Googleのオープンソース・リサーチ、プリンストン大プラネットラボ(PlanetLab)など、昨年6月から今年5月までに主要200カ国でブロードバンド通信速度を1億6千300万回以上のテストの結果を盛り込んだ「世界のブロードバンド通信(Broadband)速度リーグ2018」レポートを発刊した。

試験の結果、韓国はインターネットの速度で200カ国のうち30位を記録した。

これは昨年の順位16位から14ランク落ちたレベルである。

韓国は昨年6月から今年5月までに19万8千867回テストした結果、平均ダウンロード速度が20.63Mbps(メガビット)であり、5GB高画質(HD)映画をダウンロードするのに通常33分6秒かかることが分かった。昨年の調査時に速度22.9Mbpsより2.27Mbps遅くなり順位が大幅下落した。

シンガポールは平均速度60.39Mbpsで、2年連続で世界最速の国に挙げられており、スウェーデンが46Mbpsで2位を維持した。

ケーブルは、動的なデジタル経済と小さい領域が社会基盤施設の開発とFTTPの可用性などの面で、シンガポールの重要な利点を提供すると説明した。

デンマークとノルウェーは、それぞれ1階段と3階段上昇して3位と4位に上がり、ルーマニアは13階段飛び上がり5位を占めた。

日本は12位を維持したが、台湾と香港はそれぞれ14位と19位、11階段と10階段落ちた。米国が20位、1階段上昇し、アフリカ諸国のマダガスカルはなんと67階段ジャンプし22位に上がった。

イエメンは0.31Mbpsで最下位の200位を記録し、東ティモールとトルクメニスタンがそれぞれ199位198位だった。

ケーブルは「トップ25カ国の速度が平均28.9%の高速化に対し、サブ25カ国は、平均7.4%上昇にとどまった」との格差がよりますます大きくなっていると分析した。

しかし、韓国情報化振興院の関係者は、「韓国通信社のインターネットのダウンロード速度は、80?90mbpsが提供されますが、映画プロバイダなどの付加サービス業者がサーバーの容量などを考慮して速度を制限している」とし「研究結果が、純粋なインターネットの速度の比較ではなく、付加サービス事業者の提供速度で見ることができる」と説明した。

http://news.nate.com/view/20180924n02126