医者 病院 

1
:2014/07/26(土) 05:47:57.58 0.net ID:
毎日新聞 2014年07月25日 16時00分

 生活保護受給者は大歓迎−−。診療報酬詐欺事件の舞台となった大阪市西成区では、受給者を巡る不透明な診療報酬請求が後を絶たない。受給者を囲い込もうと、熱心に勧誘する医療機関も少なくない。大阪市は対策を強化するが、不正を一掃するための道は険しい。【津久井達、遠藤浩二、藤顕一郎】

 大阪府警は今月9日、受給者の架空診療などで診療報酬を詐取したとして、西成区の医療法人元理事長の医師、小松明寿容疑者(60)を詐欺の疑いで逮捕した。捜査関係者によると、「受給者は医療費が無料だから診療所に集まってくれる」と供述している。

 小松容疑者は1997年に西成区内で診療所を開いたが、思うようにもうからなかったため、医療費が全額公費負担される生活保護受給者に目を付けた。

 2005年、受給者が多いあいりん地区に新たな診療所を開いた。その後、二つの診療所で架空診療などを繰り返し、約3400万円の診療報酬を不正受給したとされている。

 腰痛で通院していた受給者の男性(55)によると、あいりん地区の診療所の待合室には毎日、同じ受給者数人が顔をそろえ、「また点滴を打たれた」などと首をかしげていた。

 「西成区で受給者の患者を囲い込むのは珍しくない」。西成区内の医院の医師が取材に漏らした。

 「うちに来てよ」。あいりん地区の公的医療施設の前では、ある医療法人の関係者が受給者に次々と声をかけていた。応じた人はマイクロバスで西成区内の診療所に運ばれた。

 この法人が経営する診療所には、ニシキゴイが泳ぐ庭園や最新の医療設備を備えたリハビリルームがあった。通院していた受給者の男性(71)は「無料でジュースが飲める自動販売機もあった。居心地が良くて毎日通った」と打ち明けた。

 最近は、あからさまな勧誘活動を控えるようになったという。

 「生活保護 大歓迎」。軒先にこんなのぼりを立て、冬には使い捨てカイロなどを無償で配り、受給者を誘い込む診療所もあった。

 西成区のある病院経営者によると、行政の目が厳しくなり、目立った勧誘活動は減る傾向にあるが、受給者頼みの医療機関は多い。この病院も全患者の大半が受給者という。

 経営者は言った。「受給者は言う通りの治療を簡単にさせてくれる。受給者なしでは経営は成り立たない」

 ◇2億4500万円の診療報酬の返還請求…氷山の一角

 全国の自治体で最多の約15万人の生活保護受給者を抱える大阪市。2012〜13年度、不正が疑われた市内48の医療機関に計2億4500万円の診療報酬の返還を求めたが、氷山の一角とされる。

 不正の手口で多いのは
(1)不要な治療や投薬をする過剰診療
(2)実際にはしていない治療行為の費用を請求する架空診療
−−など。医療費負担が免除されている受給者は病院の窓口で金を払う必要がなく、医療機関側に悪用されやすい存在だ。

 特に西成区は、人口の4人に1人に当たる約2万7000人が受給者で、不正が最も多いとされる。西成区は12年8月、一つの疾患の通院先を原則1カ所にしてもらう制度を導入した。受給者が複数の病院をはしごして、過剰診療を疑われるケースが多いからだ。

 大阪市内の生活保護費の総額は年約3000億円。市と国が負担しているが、医療費はうち4割を超える。市は診療報酬明細書(レセプト)の電子化を進めるなど点検を強化しているが、追いついていないのが実情だ。

 
市の担当者は「医師に過剰診療を指摘しても『素人に何が分かる』と反論される。不正の証拠をつかむのは難しい」と漏らした。