1:2014/08/07(木) 20:38:57.75 ID:
ffe7f44e.jpg 

「法王が直接、慰安婦問題に言及すれば大きな影響を及ぼしかねないでしょうに…」

来る18日、ソウル明洞聖堂でフランシスコ法王が執典する「平和と和解のためのミサ」に日本軍慰安婦被害者イ・ヨンス(86)ハルモニが参加する。イ・ハルモニは大邱(テグ)地域の慰安婦被害者5人中唯一のカトリック信者だ。

7日午前、大邱日本軍慰安婦歴史館建設現場で会ったイ・ハルモニは「全く思ってもいなかったけど、女性部を通じて招待を受けた。天主教人として法王に会える事実に感謝するだけ」と話した。引き続き「法王が慰安婦問題に対する日本の謝罪を要求すれば大きな影響を及ぼしかねないでしょう。全世界の人々が慰安婦問題について知ることになるだけでも大きな成果と思います」と強調した。

また「法王に会って何を言うかが悩み。個人的な意見を伝えるより京畿道(キョンギド)広州(クァンジュ)の'ナヌムの家'にいる他の慰安婦被害者ハルモニらと一緒に相談して決める計画」と付け加
えた。

1928年、大邱で生まれたイ・ヨンス、ハルモニは17才で台湾の慰安所に引きずられて行って性的奴隷生活を強要され解放後帰国した。25年前、大邱のシンアム聖堂で洗礼を受けた。現在の浦項チュクト聖堂に教籍を置いている。イ・ハルモニは毎週水曜日、ソウル日本大使館前で開かれる水曜集会に参加し外交通商部の前で対日交渉を促す1人デモをするなど国内外に慰安婦問題を知らせるため旺盛に活動している。

イ・ハルモニは「生きているうちに日本が謝罪する姿を見たい。罪は憎くても人は嫌わない。対話を通じて問題が解決されるなら仲良くしない理由はなくはないか」と話した。市民団体主導で建設されている大邱日本軍慰安婦歴史館については「若い世代が過去を忘れず、参加することがうれしい。慰安婦の記録と証拠を収集していくのに大きな力になるでしょう」と明らかにした。
(後略)

ソース:東亜日報(韓国語) 慰安婦イ・ヨンスハルモニ「法王が日本に謝罪要求したら」
http://news.donga.com/Main/3/all/20140807/65636026/1

関連スレ:【話題】法王が慰安婦に癒しを与える 韓国外交部が展望 [8/6]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1407303786/
【朝鮮日報】韓国外交部「法王との面会は元慰安婦癒に癒やし」―会うか会わないかは断定的には言えない、とも述べる[08/06]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1407287041/