中国 日本 Flag 

1
:2014/08/06(水) 10:08:28.12 ID:
 中国の食品会社「上海福喜食品」が期限切れの鶏肉を使っていた問題を受け、中国政府が「日本に輸出した鶏肉に期限切れのものは入っていない」と、日本側に説明していることがわかった。ただし、根拠を明かしていない。このため厚生労働省は8月中にも中国・北京で開く実務者協議で中国政府に確認する。

 協議ではさらに、中国側に工場の管理体制や再発防止策などについて聴く考え。同社の鶏肉は日本に昨年7月から1年間で約6千トン輸入され、日本マクドナルドやファミリーマートで使われていた。問題発覚後、両社は福喜食品の鶏肉を扱うのを取りやめた。

 2008年の中国製冷凍ギョーザ中毒事件を受け、日中両政府は「日中食品安全推進イニシアチブ」に合意。10年5月には、両国が問題発生時に事実関係を速やかに情報提供する覚書に署名。今回、この枠組みを利用する。

ソース(朝日新聞) 
http://www.asahi.com/articles/ASG856CQ4G85ULBJ01G.html?ref=rss