マイクロソフト MS windows

1
:2014/02/13(木) 22:23:44.79 ID:
米マイクロソフト(MS)が韓国に10兆ウォン(約9650億円)以上を投資し、データセンターを設置することを決めた。建設地としては、釜山市と京畿道が候補に挙がっている。世界的なIT企業が単一投資案件で10兆ウォン以上を投資するのは初めてだ。

 建設業界とMS韓国法人によれば、MS本社は韓国で約33万平方メートル(10万坪)の土地を購入し、データセンターを建設することを決めた。MS本社はデータセンター建設推進チームが韓国入りし、候補地の視察を行っている。また、韓国大統領府(青瓦台)や政府関係官庁とも接触し、協議を行った。

大統領府関係者は「MSは10兆ウォン以上を投資する方針だが、10万坪規模の適当な用地を確保できない場合、投資規模が縮小される可能性もある」と述べた。

MSはデータセンターを設置後、メンテナンス費用として、毎年1兆ウォン以上を投資する方針とされる。MSは今月11日、ソウル市内で建設会社や設計業者を対象とする事業説明会を開いた。説明会にはデータセンターの建設スケジュール、同社の既存のデータセンターに関する情報などの簡単な事業説明があったという。10日はウェブサイトにデータセンターのプロジェクトマネジャーを選考する求人広告が掲載された。

今回設置されるデータセンターは、アジアだけでなく、世界各地にデータのバックアップやサービスを提供する見通しだ。また、高層が多い韓国式のデータセンターとは異なり、MS本社のデータセンターと同様、広い面積に低層階で建設される予定だ。

MSは韓国のメンテナンス人材が他国より優秀で、自然災害リスクが低く、電気料金も安い点から、韓国をデータセンターの設置先に決めたとされる。

MSが設置するデータセンターは、グーグルが昨年12月に台湾に建設すると発表したアジア最大規模のデータセンターに比べ、面積は2倍以上、投資額は約2倍に達する。

カン・ドンチョル記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/02/13/2014021301213.html