(イメージです。)
 
1蚯蚓φ ★2018/08/18(土)00:35:12.26ID:CAP_USER.net


▲「東学からロウソクまで民衆の力」特別講義。

2018年8月15日、解放73周年をむかえて東学実践市民行動が主管して人乃天運動聨合が主催する「平和統一アカデミー」がソウル鍾路(チョンノ)区庁講堂で午後3時から7時まで130人余りの全国様々な地域から来た市民が集まって行われた。

キム・サムウン元独立館長を講師として「東学からロウソクまで、平和と統一の路-歴史を作る民衆の力」というタイトルの特講を開いて東学革命以後、ロウソク革命まで続く民衆の力を分析しながら、近代の私たちの歴史の変曲記期には必ず民衆が立ち上がって歴史を正しく立て直してきたと分析をした。
(中略)

王朝時代にも民衆が立ち上がって国を正しく立て直したし、日帝強占期も3.1革命、独立闘争で見られるように民衆が起きて外勢をはね除け、自由党独裁と維新独裁も学生、労働者、農民など基層民衆が起きて民主主義の歴史を正しく立て直し、独裁をはね除けた誇らしい伝統を持っている。

もうロウソク革命でパク・クネとイ・ミョンバクを監獄に送り、彼らが犯した不正と不平(?)を遮断して国らしい国を作り出さなければならない。

米国やアラブ、南米、ヨーロッパなど100万人以上集まった群衆のうち暴力で終わらない革命はなかった。米国LA暴動などは宝石店が奪われるなど暴力を伴った。しかし、韓国のロウソクは6カ月近く行われながら1800万人が何の事故もなしに無血革命を成功させた事例は世界史にない。この様な偉大な革命を軍事独裁式発想で戒厳令を企画したことは過去の軍事独裁時代の下手人らでも行いかねない軍部独裁の残滓だ。

この様な偉大な国民は世界のどこに出しても誇らしくて遜色がないのではないか?ノーベル平和賞感覚だ。

誇らしいロウソク革命は南北平和、和解、協力統一で完成する。OECD国家の中で経済力11位、軍事力7位の私たちが福祉は一番びりだ。韓国は国家予算の10%、北朝鮮は40%を国防費に支出している。この様な予算を福祉費などに支出すればどれほど生活の質が良くなるだろうか?これは解放後、親日派を清算して追い出せない結果だ。

親日子孫らが今のメディアを掌握し、大学教授、政治家などこの国の支配勢力として君臨しながら親日清算、反独裁を前に出せば「過去よりは未来」を前に出して耐えた。フランスはナチ協力者9万人を処断し、ナチを称賛した新聞、雑誌などを全て廃刊にした。米国とソ連によって分断されたわが国がもう南北首脳会談、北米首脳会談をしながら作られている南北和解協力の時代に私たち民衆が立ち上がって平和統一の道に導かなければならない。

北朝鮮が非核化を掲げて米国の終戦宣言を要求している。現在の北朝鮮は努力している。かえって米国議会などが困難に陥っているが、ムン・ジェイン政府が仲裁を上手に率いることも重要だ。しかし、米国が間違う時は私たち民衆が米国を叱責しながら平和、統一の時代に行かなければならない。

東学の精神で、ロウソク革命の精神で、私たちの先祖たちから受け継ぎ、私たちの子孫からしばらく借りて使うこの土地で戦争を終息させ平和、統一された国を成し遂げられることが真の光復だ。
(後略)

キム・グァンチョル(kkc0828)

ソース:オーマイニュース(韓国語) 「ロウソクのあかりの力で平和・統一の時代パッと開かなければ」
http://www.ohmynews.com/NWS_Web/View/at_pg.aspx?CNTN_CD=A0002463869