(イメージです。)
 
1動物園φ ★2018/08/11(土)18:47:12.06ID:CAP_USER.net
機械翻訳



政府がリコール対象BMW車の運行停止を検討する中で、11日、仁川でBMW車の火災がまた発生したことが分かった。

11日、仁川某教習所によると、この日の午後2時頃の建物の外に停車していた白BMW 120d車両の助手席ロッカー側火が出た。

借主が火災のニュースを知らせる教習所の従業員は塾にいた消火器4つのうち3つを動員し、約10分で、独自の進化した。

学園関係者は「借主が知人の道路走行試験の完了を待って、運転席に座ってエンジンをかけた状態でエアコンをオンにケリを助手席で突然煙が出て火がたとした」と伝えた。

彼は最初に進化をして車の外観に炎が広がるたなかったと説明した。車両ボンネット内のエンジンルームは乗らず、プラスチック材料の助手席のダッシュボードの一部だけ焼か溶け下した。

火が私BMW 120d車両はリコール対象車種で、今年に入って初めて、火災が起きたことが分かった。

国土交通省が8月9日現在集計した資料によると、今年に入って火に焼けたBMW車は36台であり、この日の火災を除けば、8月だけで8台の火に乗った。

しかし、借主が119番通報せず、保険会社に自主的に事故処理をした後、どこかの車両を牽引したせいで、正確な火災原因調査は行われていなかった。

仁川消防本部状況室は「今日(11日)、仁川でBMW火災に関連し受理された申告はなかった」と述べた。

http://news.nate.com/view/20180811n09081