(イメージです。)
 
1動物園φ ★2018/08/05(日)20:03:12.05ID:CAP_USER.net[1/2]
機械翻訳

ニューシス 原文 記事転送2018-08-05 14:38

ソウル・仁川などの周辺地域で「無料」空港鉄道に乗って見つける
7月に65歳以上の無賃乗車53万... 昨年44万人で急増
猛暑にも空港室内24度を維持... 避暑スペースで人気
自宅でサオン軽食を食べ、窓の外の飛行機見ながら談笑
「私たちの年齢の人多くを満たす...老人ホームが別にない」
1月に開港第2ターミナルは広報館など、高齢者に多くの喧騒
レストラン・ベンチなど空席「品薄」... 知人桁の代わりにキャッチも
利用客の不便悩み... 「座る席もなく占領 "

【仁川=ニューシス】ホンチャンソン記者

史上最悪の猛暑が連日韓半島を強打しながら暑さに弱い高齢者が涼しい風を見つけ空港に押し寄せている。

空港を探し老人のほとんどは、ただ乗りが可能な65歳以上で、これらは、ソウルと仁川周辺地域から空港鉄道に乗って仁川空港まで「避暑」を出てくる。外気温は40度を上回るのに対し、空港ターミナルの室内温度は24度で26度を維持しており、高齢者の憩いの場として最適です。

ただし、高齢者が早めに飲食施設テーブルと利便性のために設置されたベンチを全て占領する通に空港利用客の不便を懸念する声もなくはない。

空港鉄道によると、7月無賃乗車が可能な65歳以上の高齢者の利用客は53万3030人で、一日平均1万7194人が利用すると集計した。これは昨年の同じ期間44万5747人より大きく増加した。

最後の3日午前10時、仁川空港第1旅客ターミナル4階非線形ルーはお年寄り30人が自宅で安くてきたやつを互いに分けて食べ窓の飛行機を眺めていた。これら海外で残し旅客はなく、クール空港で避暑を出た年配の方である。

http://news.nate.com/view/20180805n09381