(イメージです。)
 
1動物園φ ★2018/07/22(日)08:05:04.52ID:CAP_USER.net
Record china
配信日時:2018年7月21日(土) 22時10分

韓国のインターネット掲示板に15日、「明洞(ミョンドン)のストリートフードの価格の現状」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーの関心を引きつけた。

スレッド主は、SNSで紹介された記事を掲載。内容は、ソウルの有名観光地・明洞の街に行った韓国人男性がストリートフードを買って食べた報告だ。まず紹介したのは透明パウチに入った「ザクロジュース」。男性は6000ウォン(約600円)という価格に驚き、「お金がもったいない」とつづった。続いて手の平ほどの大きさのムール貝にチーズやコーンがトッピングされている「貝のチーズのせ」で、こちらはなんと1万ウォン(約1000円)。同じく「ロブスター焼き」も1万ウォンだ。他にも、やや大きめのエビ5尾が刺さった「エビの串焼き」が6000ウォン、「フェオリカムジャ」と呼ばれるツイストポテトが4000ウォン(約400円)。

ネットユーザーらは「貝焼きは去年7000ウォン(約700円)だったじゃん。また上がったの?」といった声も寄せられた。ストリートフードの価格はどうやら、年々上がってきているようだ。さらに、「店内で出してるわけでもないのに、1万ウォンはやり過ぎ」「良心のかけらもない」とする書き込みもある。多くのユーザーが、あまりの高さに驚きを禁じ得ないようだ。

「こういうのが観光競争力を低める」「明洞に遊びに来た外国人に食べさせようとしてるんでしょ。韓国人は高過ぎて食べない。ああ恥ずかしい」などとする嘆きの声も寄せられた。

(翻訳・編集/松村)

https://www.recordchina.co.jp/b626043-s0-c60-d0127.html