(イメージです。)
 
1::2018/07/17(火)20:28:06.84ID:TjmzJwxe0●.net

【台北=田中靖人】

台湾の陸軍で米国から購入した最新型攻撃ヘリAH64E「アパッチ・ガーディアン」の部隊編成が完了し17日、北西部・桃園市で式典が行われた。

AH64Eは、米ブッシュ(子)政権が2008年に30機の売却を決定。13年11月から台湾への引き渡しが始まり、14年10月に完了した。

この日は、墜落事故で失った1機を除く29機が、訓練を経て部隊としての作戦能力(FOC)を獲得したとして、蔡英文総統が出席して式典を開いた。蔡氏は「陸軍航空部隊は軍の主力の一つだ。この部隊を世界一流にするよう求める」と訓示した。

AH64Eは陸上自衛隊が運用するAH64D「アパッチ・ロングボウ」の改良型。台北など台湾本島北部を中国軍の上陸部隊から防衛する作戦に用いる。

https://www.sankei.com/world/news/180717/wor1807170032-n1.html