(イメージです。)
 
1荒波φ ★2018/07/16(月)09:09:02.04ID:CAP_USER.net
#8日、仁川(インチョン)空港から米ロサンゼルスへ向かうアシアナ航空飛行機(OZ204)に乗ったパク・ジンヒョンさん(46)は「飛行機に乗った後、24時間を怒りと恐怖の中で過ごした」と語った。

まず出発が遅れた。機内では特に案内がなかったが、パクさんは飛行機に荷物を積んだ客の1人が搭乗せず、この客の荷物をおろすために遅れたことを知った。また、離陸して3時間ほど経過した後、飛行機に問題が発生したという理由で仁川空港に戻った。

タイヤの空気圧の警告灯がついたため機長が回航を決めたが、詳しい案内がなく、パクさんはひょっとして事故が発生するのではと不安になった。仁川空港で6時間ほど待たされ、結局、ロサンゼルスに行くのに24時間かかった。

#今月初め、業務のためにトルコとカタールに行ってきたキム・ギジョンさん(51)は出国前、航空会社別の荷物関連案内を受けて首をかしげた。

キムさんのスケジュールは大韓航空・トルコ航空・カタール航空・シンガポール航空の4つの航空会社を利用する日程だったが、飛行機の貨物室に積む荷物の無料許容量が大韓航空だけ荷物1個・23キロで、残り3つの航空会社は計30キロだったからだ。

トルコ航空とカタール航空は荷物の個数制限もなかった。

大韓航空とアシアナ航空のオーナー一家に対する暴露戦が、これら航空会社のサービスに対する不満に移っている。サイバー空間でよく提起されている不満はこれら航空会社の常習的な遅延だ。

数値でも証明されている。中央日報が単独入手した資料によると、今年1月-6月に仁川空港で毎月200便以上の飛行機を運航した22の航空会社のうちアシアナ航空が遅延率(搭乗完了基準予定より15分以上遅延)57.7%で最も高く、大韓航空は56.6%で3番目だった。

匿名を求めた航空業界の関係者は「韓国航空会社の場合、航空機の回転率を高めるためにシャトルバスのようにタイトに運航スケジュールを決め、清掃・注油・整備などの離陸準備時間に余裕がなく遅れるケースが多い」とし「乗客を探すために遅れるのも韓国航空会社だけ」と話した。

マイレージや荷物など顧客の便宜に関する規定も韓国航空会社は外国航空会社に比べて落ちるという指摘が多い。

エールフランスやデルタ航空など多くの外国航空会社は自社の飛行機予約はもちろん、世界のホテルの予約などにマイレージを使用できるようにしているが、大韓航空はKALホテル・韓進レンタカーなどグループ系列会社にマイレージの使用を限定している。

マイレージで予約できる飛行機の座席も5%未満に制限した。

無料預け荷物は大韓航空とアシアナ航空は同じく1個・23キロにすぎない。しかし日本航空・キャセイパシフィック航空・クァンタス航空・エミレーツ航空などは30キロだ。ベトナム航空は32キロ、中国東方航空は20キロの荷物2個まで可能だ。個数に制限がない航空会社も多い。

顧客の不満の処理に関する指摘も多い。

最近、仁川空港を出発して岡山へ行く大韓航空の飛行機で食事のトレーにゴキブリを発見したオ・ジヒョンさん(30)は「大韓航空側は『モントリオール条約』で被害を補償することができないという話を繰り返したが、この条約は荷物紛失や搭乗客の身体的負傷に適用する規定」とし「顧客をバカにしているのか、ゴキブリの被害とは全く関係がない規定を話しながら顧客の不満に耳を閉じている」と話した。

このような場合、外国の航空会社は違う。エミレーツ航空の場合、ゴキブリ被害乗客に航空会社が先に連絡し、500ドルほどの商品券などを提供した。

共に民主党のシン・チャンヒョン議員は「韓国消費者院から提出を受けた資料によると、韓国航空会社の顧客の被害救済率は30%にすぎなかった」とし「顧客サービスを軽視する航空会社は激しいグローバル航空競争で劣るしかない」と指摘した。

2018年07月16日07時54分 [中央日報/中央日報日本語版]
http://japanese.joins.com/article/203/243203.html?servcode=300&sectcode=300