(イメージです。)
 
1名無しさん@涙目です。2018/06/25(月)06:06:33.03ID:1e7OvGHr0.netPLT(12000)

【6月24日 AFP】

23日に行われたサッカー杯ロシア大会(2018 WorldCup)のメキシコ戦に敗れ、グループリーグ突破の可能性は残るものの厳しい状況に立たされた韓国の申台龍(Tae-YongShin、シン・テヨン)監督が、苦戦の要因について、韓国のサッカー界には看過できない問題がいくつもあると話している。

申台龍監督は「われわれは構造的な問題を抱えている。国内リーグをレベルアップさせる方法や、若い選手の育て方を考えなくてはならない。われわれには経験が足りない。これは一朝一夕で解決できるものではない」と話した。

この試合、チャンスはつくっていた韓国だったが、前半途中に張賢秀(Hyun-SooJang、チャン・ヒョンス)の明らかなハンドで今大会14個目のPKを与え、これをカルロス・ベラ(Carlos Vela)に決められて先制を許すと、試合の流れはメキシコへ。そして後半途中、ハビエル・エルナンデス(Javier Hernandez)に追加点を決められて勝利は厳しくなった。

(中略)

それでも申台龍監督は「われわれの選手は後悔のない試合をしてくれたと思う。全員が一つになり、最後の1分まですべてを出し尽くした。最後の最後まで全力を尽くした選手たちには本当に心から感謝したい」と話した。

(後略)

http://www.afpbb.com/articles/-/3179762
 
=管理人補足=
一部省略しました。ご了承下さい。