軍事

1
:2014/02/11(火) 17:18:44.33 ID:
韓国聯合ニュースの中国語版ウェブサイトは9日、韓国型戦闘機KF-X開発プロジェクトの日程が確定し、4月に開発業者を選ぶ入札募集が実施され、6月に優先交渉権者を決定することになったと報じた。

韓国防衛事業庁が9日、明らかにした。それによると、韓国政府と軍は2022年までにミディアム級戦闘機「KF-X」を約120機開発することを計画している。ミディアム級戦闘機は性能面で韓国の主力戦闘機「KF-16」と似ているが、搭載されるレーダーや電子設備はさらに高性能になる。

「KF-X」の開発日程はすでに確定しており、残るはシングルエンジンとダブルエンジンのどちらにするかを決めるのみとなっている。韓国国防部(省)は今月中に作業チームを発足させ、防衛事業庁、聯合参謀本部と共同で協議を進めていく予定。

来月には金寛鎮(キム・グァンジン)国防部長官が防衛事業庁推進委員会を主催し、決定事項について承認を行うという。 (編集翻訳 小豆沢紀子)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140211-00000008-xinhua-cn