1:2014/07/25(金) 12:23:26.12 0.net ID:
49ab0d27.jpg 
日本の国費留学生が三太極扇をたたんだ後、入っている。<<紙文化財団提供>>


"全世界の人たちは、ほとんどの折り紙といえば、日本の「オリガミ」を思い浮かべるが、実は韓国の折り紙文化をリードした宗主国です。"

紙文化財団?世界折り紙連合(理事長ノヨウンヒェ)が24日、慶煕大学国際教育院(院長ギムジュンソプ)から国費で日本留学に行く大学生100人を対象に「折り紙」特別講義を開催しました。

日韓両国は、1998年に金大中前大統領の日本国賓訪問当時、「日本の工科大学学部留学生派遣事業」に合意した。この日の特別講義に出席した受講生は、今年の選抜された留学生で、3月から6ヶ月のコースの予備教育課程を履修している。

ノヨウンヒェ理事長は「私たちの折り紙?紙文化の世界化のために」というテーマの講演で「私たちは先祖から降りてきた世界一の紙文化と折り紙の伝統があるにも世界の多くの国で折り紙の外国語は「オリガミ」で通用している」とし「空手(Karate)との競争に勝ち抜いて、オリンピック種目に採択されたテコンドー(Taekwondo)の事例をモデルにして韓国語のまま「折り紙」と発音し、表記する時も「Jongie Jupgi」にすることができようにしようと努力している
と紹介した。

学生は、朝鮮時代前期に流行したスンギョンド遊びの折り紙方式の説明に高い関心を見せた。4~8人が楽しむスンギョンド演劇は官位との相互関係を、遊びに習って官職に上がる夢を育ててくれる。

これらは講演を聞いた後、紙文化財団敷設韓国の数学折り紙教育協会オヨウンジェ会長の指導で菱形を用いた三太極(三太?)負債と立方体を触れた折り紙の数学的活用を学習した。

紙文化財団は、毎年日本にいく国費留学生たちに
韓国文化素養教育のための紙の文化特講を進めている。
https://translate.google.co.jp/translate?sl=ko&tl=ja&js=y&prev=_t&hl=ja&ie=UTF-8&u=http%3A%2F%2Fwww.yonhapnews.co.kr%2Finternational%2F2014%2F07%2F25%2F0602000000AKR20140725076800371.HTML&edit-text=

関連スレ
当然の事ではあるが、折り紙の起源と言えば日本ではなく・・
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1349839666/
「大韓民国の折り紙文化グローバル化フェスティバル」、フィリピンで開催
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1396240067/