パンチ イメージ

1
:2014/07/25(金) 12:24:03.84 ID:
慰安婦問題の解決要請=歴史問題で安倍政権批判-韓国大統領、舛添都知事と会談

 韓国の朴槿恵大統領は25日午前、ソウルの韓国大統領府で、舛添要一東京都知事と会談した。会談の冒頭、朴大統領は従軍慰安婦問題について「普遍的な人権問題だ」と述べ、日本政府が解決に努力するよう要請。歴史問題などに関して「一部の政治家の言動により、両国関係が難しくなっている」と安倍政権の対応を批判した。朴大統領が日本の要人と個別に会談するのは昨年2月の
就任直後以来初めて。  

 会談は舛添知事側が申し入れた。知事は会談で日韓関係改善に向けた安倍晋三首相のメッセージを伝達。また、304人の死亡・行方不明者を出した客船「セウォル号」沈没事故に対する哀悼の意を表す。
 舛添知事はソウルで記者団に「都市外交の努力の積み重ねが、日韓関係の改善につながればと思っている」と会談への意欲を示した。一方、韓国大統領府報道官も「韓日関係は難しい局面にあるが、自治体間の良い交流と協力が進み、関係発展に寄与することを期待する」と話していた。
 舛添知事は友好都市ソウル市の朴元淳市長の招待で、都知事として18年ぶりに、23日から韓国を公式訪問中。25日午後にはソウル大学で日韓関係をテーマに講演し、同日夜帰国する。

(2014/07/25-12:10)ソウル時事
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014072500402