1:2014/02/10(月) 23:16:26.36 ID:
香港紙・大公報(電子版)は8日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が事実上のナンバー2だった張成沢(チャン・ソンテク)氏の処刑後、精神状態が不安定になり、暴飲暴食を繰り返した結果、激太りしたようだと報じた。

記事は、金第1書記が2011年に正式な後継者として登場してから今月4日に公開された写真までを分析すると、かなり太ったことが分かると指摘。韓国メディアは「成人病にかかっている可能性が高い」との見方を示している。特に今月4日に公開された幼稚園や児童養護施設を訪問した際の金第1書記は明らかに激太り。顔は丸々と太り、二重あごがくっきりしているのが分かる。

韓国の内科医はこれを見て、「服を着ているので体のサイズは分からないが、以前と比べ、急激に体重が増加したように感じる。恐らく100キロ前後になるのでは。BMIも34前後で超肥満体だといえる」と指摘。その原因については、「張氏を処刑してからウツ症状が出ているのでは。これが暴飲暴食につながり急激に太った」との考えを示した。(編集翻訳 小豆沢紀子)

新華経済
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/373182/
画像
faa450d8-s.jpg