(イメージです。)
 
1ザ・ワールド ★2018/06/18(月)17:55:18.73ID:CAP_USER.net
(前略)

現状では、両首脳が対話し、協力を表明しただけなのだが、まるで今にも南北の統一が実現するかのようなお祭り騒ぎが始まったのだ。

〈平壌冷麺〉、〈金剛山〉、〈兵役〉が検索上位に

 それが最も分かり易く表れたのが〈株価〉と〈ネット検索キーワード〉だ。株式市場では南北経済協力への期待から鉄道、建設、送電関連株が急騰。ネットの検索キーワードランキングでは〈平壌冷麺〉、〈金剛山〉、〈兵役〉というキーワードが上位を占めた。

〈平壌冷麺〉と〈金剛山〉は北朝鮮旅行に対する期待、〈兵役〉は統一したら軍隊に行かなくて済むかもしれないという若い男性たちの願望の表れだ。

■東ドイツは国民に対する統制が弱かった

 このような「ロマンチック」な夢に対し冷静な分析をしているのがロイターの記事『統一は「かなわぬ夢」か、南北朝鮮がドイツになれない訳』だ。記事では、統一の夢を見る韓国が「モデル」としているドイツと比較し、朝鮮半島の統一がそう簡単に手に入れられるものではないと指摘する。

 実際、1990年の統一以降、ドイツは長い間韓国の〈お手本〉と考えられている。統一後一つの国として団結し現在はヨーロッパをリードする優等生に成長したドイツこそ、南北の経済格差、両国民間の不和を懸念する韓国内の懐疑論者を説得するのに最高のモデルだったのだ。

 ロイターの記事は、ドイツと朝鮮半島の差については「(ドイツは)内戦を経験しておらず、東ドイツは北朝鮮と比べて国民に対する統制がはるかに弱かった」と指摘する。統一前の東ドイツでは、西ドイツのTV、ラジオ放送を聴取できたし、東ドイツの住民が西ドイツの親戚を訪ねることも、手紙の遣り取りも可能だった。そして、そのような民間レベルの交流は東ドイツの内部の変化を促し、人々の認識を変化させる統一の「布石」になったのだ。

 (中略)

 現在韓国の「統一ブーム」は確かに過熱していて、早急で感情的だ。(中略)韓国が目を向けるべきは、ドイツの「成功例」ではなく、ドイツと朝鮮半島の「差」ではないだろうか。

http://bunshun.jp/articles/-/7729
http://bunshun.jp/articles/-/7729?page=2
 
=管理人補足=
一部省略しました。ご了承下さい。