(イメージです。)
 
1名無しさん@涙目です。2018/06/15(金)23:13:11.19ID:wGIl7hIp0.netPLT(12000)

【6月15日 AFP】

フランスがインド太平洋地域での軍事プレゼンスを増大させている。

5月末、仏攻撃艦「ディクスミュード(Dixmude)」とフリゲート艦1隻が、係争地である南シナ海(South ChinaSea)の南沙諸島(スプラトリー諸島、Spratly Islands)と、中国が人口島を造成した一群の岩礁の周辺を航行した。これは、資源豊富な南シナ海の大半の領有権を主張する中国に対抗するためだ。

ディクスミュード艦長ジャン・ポーチャー(Jean Porcher)氏はビデオインタビューで「これら諸小島付近の航行を含むわれわれの巡視活動は情報収集を目的とするもので、国際水域での使用が可能な検知器すべてを使用している」と記者団に語った。

これまで、特にベトナムなど近隣諸国が反発している南シナ海での中国の領有権主張をめぐり、中国との対決を主導してきたのは米国だ。

だがフランスは、英国と並び同地域に定期的に海軍を派遣している欧州国として、この紛争にも干渉しており、年3回から5回、南シナ海に艦船を派遣している。

8月には仏空軍が東南アジアで最大の訓練を実施する。ジェット戦闘機「ラファール(Rafale)」3機と、軍用輸送機A400Mおよび空中給油機C135がそれぞれ1機、オーストラリアから数か所に立ち寄りながらインドに飛行する予定だ。

この海空合同演習は、5月のエマニュエル・マクロン(EmmanuelMacron)仏大統領のオーストラリア訪問を受けて実施される。

フランスは英国の欧州連合(EU)離脱後は太平洋地域に領土を持つEU唯一の国となるが、マクロン大統領は中国との敵対は望まないと強調していた。だが、同地域での航行と飛行の自由を確保するためには「強力なインド太平洋枢軸」が必要だと、オーストラリアのマルコム・ターンブル(MalcolmTurnbull)首相に語っている。
 
(後略)

http://www.afpbb.com/articles/-/3178622


ディクスミュード(Dixmude)