(イメージです。)
 
1名無しさん@涙目です。2018/06/14(木)08:28:15.06ID:Szxf3dKF0.net[1/2]

大韓サッカー協会長、W杯の南北・中国・日本共同開催の可能性を示唆
2018年06月14日08時11分

「2030年ワールドカップ(W杯)を南北(韓国・北朝鮮)と日本、中国が共同で招致する可能性を考慮することができ、それが不可能でも2034年には招致の機会がくるだろう」。

大韓サッカー協会の鄭夢奎(チョン・モンギュ)会長は聯合ニュースのインタビューで、2030年に南北と日本、中国がW杯を共同招致することに期待感を表した。

鄭会長は「一つの大陸でW杯を開催すればその後の2大会は開催できないが、2030年W杯を韓日中が共同開催する可能性を考慮できる」とし「招致申請国が一つもなければ2030年W杯を共同開催する可能性がないわけではない」と述べた。続いて「北と中国、日本にも共同招致を提案した」とし「9月または10月に共に議論する機会がありそうだ。コンソーシアムを構成すれば2034年招致の可能性は大きく高まるだろう」と強調した。鄭会長は「北は戻ってから開催を検討してみると答え、独自開催を考えていた中国も政府と話すという反応を見せた」と伝えた。

http://japanese.joins.com/article/250/242250.html?servcode=600&sectcode=640