1:2014/07/23(水) 09:57:34.35 ID:
◇在日女性らお茶や占いなど紹介 26日は「夜食会」

大阪市生野区のコリアタウンで、在日韓国人3世の料理研究家ら女性3人が、「おしゃれな韓国」をテーマに、伝統的なお茶や菓子などを紹介する催しを始めた。知られざる文化を知ってもらうのが狙い。今月は26日に夜食会を開く。(桑田睦子)

中心になっているのは、料理研究家・洪貞淑さん(52)と韓国ガイド本編集者・安田良子さん(51)、韓国雑貨のインターネット通販業「g.カロスキル」経営・松田洋奈さん(39)。

3人は仕事で韓国と日本を頻繁に行き来しており、「韓国のおしゃれな文化が知られていない。紹介して日本の女性に元気になってもらおう」と発案した。

6月28日には料理教室で、韓国の伝統茶を試飲する「利き韓茶会」を開催。洪さんは、肌にいいとされる蓮花茶(ヨンコッチャ)や、便秘の人にお薦めという菊花茶(クッカチャ)など8種類を参加した約20人の女性に説明した。「お茶の習慣を上手に生活に取り入れてみては」とのアドバイスも。

また、講師役の占い師が、韓流ドラマなどでみられる占いの一つ「四柱(サジュ)」について解説。大学受験や結婚などの節目に占う習慣を語り、「韓国人には、占いは生活の一部」と話した。

参加した女性(47)は「コリアタウンに遊びに来る楽しみが増えた」と笑顔を見せていた。洪さんは「おしゃれな韓国の文化を知ってもらう、入り口のような場にしたい」と話している。

今後、月1回の催しを予定。26日には、チヂミやチャプチェなどを味わう夜食会を、韓国食材・料理店「班家食工房」で開く。参加費5000円。先着60人。
申し込みは「g.カロスキル」(shop@garosugil.shop-pro.jp)、問い合わせは「流れる千年」(06・6716・7111)へ。

ソース:読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/local/osaka/news/20140723-OYTNT50037.html?from=oytop_ymag

韓国のお茶を飲み比べる参加者たち(大阪市生野区で)
9dd4d14c.jpg