軍事

1
:2014/02/10(月) 14:59:04.71 ID:
★中日開戦で中国と生死を共にする3つの国とは?プーチン大統領もビックリ―中国メディア
XINHUA.JP 2月10日(月)1時16分配信

中国と日本が戦争を起こした場合、イスラエル、ウクライナ、パキスタンが懸命に中国を守ると論じた記事が5日、前瞻網に掲載された。

記事は、最近の中日関係は中越戦争前夜の雰囲気に非常に似ており、日本がこのまま挑発行為を続ければ、中日開戦は避けられないと指摘。その場合は台湾も中国本土と連携して日本と戦うほか、盟友であるロシアも自然と中国側に付くはずだとの予想を示す。

このほか、ロシアのプーチン大統領を極度に驚かせる3つの国が、中国と生死を共にすることを誓っていると記事は指摘している。その3つの国とはイスラエル、ウクライナ、パキスタン。

イスラエルは中国との武器取引で先端の軍事技術を提供。ウクライナは中国海軍にとって最高の友人で、中国初の空母「遼寧」はウクライナから購入した「ワリャーグ」を改修したものだ。パキスタンは地理的にも近く、中国指導者いわく「山よりも高く、海よりも深い」友好関係にある。パキスタン側は中国との関係を「蜜よりも甘く、鋼よりも硬い」と表現している。(編集翻訳 小豆沢紀子)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140210-00000001-xinhua-cn&pos=4