1:2014/07/22(火) 12:37:30.21 ID:
(写真)
7ddd4f75.jpg  

安倍晋三総理が日本の総理の中で、海外訪問国数と執権1ヶ月当たりの外遊回数で歴代1位を記録する見込みだと毎日新聞が22日に報道した。

これによれば、安倍総理は 9月に予定されているバングラデシュとスリランカを巡回すれば訪問国が合計49ヶ国になり、歴代1位の小泉純一郎を上回る事になる。 安倍総理はこの後中央アジアと北アフリカの訪問も検討しており、訪問国数は更に増える見込ミダ。

特に小泉元総理は在任5年5ヶ月の間に48ヶ国を訪問したのと比べ、安倍総理は就任から約1年9ヶ月で49ヶ国を訪問している。執権1ヶ月当たりの外遊回数は1.15回(21日現在)で、これも歴代最高。安倍総理は1年間続けた1次政権の時は18ヶ国を訪問した。

安倍総理は2次政権でこのように早い速度で海外を回っているが、1次政権の訪問国のうち韓国と中国、エジプトの3ヶ国はまだ訪問していない。エジプトとは昨年6月に横浜で首脳会談を行ったが、韓中両国とは1次政権で訪問したにもかかわらず、首脳会談さえ開けていない。

ソース:NAVER/news1(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=104&oid=421&aid=0000929667

(関連記事=毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20140722k0000m010101000c.html